2007年秋のライトノベル新人作品

9月~11月にデビューした新人作品(第3回MF文庫Jライトノベル新人賞/第6回スーパーダッシュ小説新人賞/第19回ファンタジア長編小説大賞)の感想を纏めてみました。私が絶賛した『鉄球姫エミリー(→感想)』『アストロノト!(→感想)』は、かなり好き嫌いが分かれてる予感。あと、私は“ゴミ”扱いした『ヒトカケラ(→感想)』がむちゃくちゃ評判いいんですが(汗;。見て回った限り、『ヒトカケラ』がいちばん評判が良さそうに感じました。

MF文庫J(第3回MF文庫Jライトノベル新人賞)

  • ギャルゴ!!!!! 地方都市伝説大全 /比嘉智康 (優秀賞) →感想リンク
    • くっつきそうでくっつかない、くっつけない絶妙なラブコメ加減を味わいたい人には是非オススメしたい (上下の青い無限)
    • 笑えるだけでなく、他にもいろいろと楽しませてくれる (M&L日記)
    • シリアスな戦闘シーンもありで、ほのぼのと殺伐が妙な具合に入り混じった妙味ある読後感 (Alles ist im Wandel)
    • なにより平凡な男子中学生の視点が雰囲気出ていて◎ (Shamrock’s Cafe)
  • アストロノト! /赤松中学 (優秀賞) →感想リンク
  • 地を駆ける虹 /七位連一 (佳作) →感想リンク
    • ファンタジー小説としてみると、0点。良いところなし (うぱ日記)
    • ストーリーはイヤボーンなどのお約束に則りつつ、キャラクター配置がかなり特殊になっていて面白い (ウォーターバード::Reading LightNovels)
    • 世界観やエレメントの設定は面白かったけど、主人公が気に入らなかった時点で微妙 (まあいいか。)
    • 悲劇の主人公みたいな感傷に浸ってるのが厨二病っぽくて気持ち悪い (ラノベ365日)
  • 魔女ルミカの赤い糸 /田口一 (佳作) →感想リンク
    • ラブコメとしては楽しめるのですが、この物語全てをこれで乗り切るには一押し足らない (M&L日記)
    • 足舐めとか足舐めとか足舐めシーンは素晴らしいの一言 (上下の青い無限)
    • 全体的に漂う怪しげな雰囲気が結構良かったんですが...終盤がちょっぴり超展開 (まあいいか。)
    • しかしそれにしても……なんかエロス描写がやたら生々しいな (Alles ist im Wandel)
    • MFJのいつものツンデレかぁと思っていたら、意外に純愛、いい感じに読みを外された (読書の羅針盤 ~ JV44の日記)
  • ヒトカケラ /星家なこ (佳作) →感想リンク
    • 独特な雰囲気のラブストーリーでした。意外と面白かったな (随想)
    • トリッキーな構成と優しい独白形式の文章がいい感じに噛み合って切ない恋愛青春譚を演出しています (上下の青い無限)
    • これは良かった。少し寂しくて哀しくて、優しい気持ちになれるお話 (Alles ist im Wandel)
    • まったりと、それでいて透明感漂う雰囲気が伝わってくる物語でした。オススメ (booklines.net)
    • エロゲというか泣きゲー系の文法に終始した感じだな。キャラクタが薄くてどうしようもない (gobbledygook@book - bookグループ)

スーパーダッシュ文庫(第6回スーパーダッシュ小説新人賞)


富士見ファンタジア文庫(第19回ファンタジア長編小説大賞)

[ 2007.12.08 ]

  このエントリーをはてなブックマークに追加