TRPG体験記パート2

GWの最後に、生涯2回目の TRPGを遊んできました。今回は、オーソドックスなTRPGということで「ソード・ワールド2.0」。先日、リプレイを読んでみた のもこのためでした。や、前回の「ナイトウィザード」とは、傾向が違うという話を聞いていたのだけど、……さっぱり違いがわからん(^^;。強いて言えば、「ナイトウィザード」の方が戦闘などで工夫してる感じがした一方、「ソード・ワールド2.0」の方が、シビアな戦闘だったような。まあ、ここら辺は、シナリオやマスターなんかによっても印象が違うのかしらん?

そゆわけで、プレイキャラは、メイドロボなファイターを作成。最大のダメージが戦闘中のものではなく、崖から落ちるご主人様を助ける時に負ったものだったりしたのは、どうよ(^^;。あとは、ピンゾロ出しすぎ。その分、経験点が貯まるので悪くはないけど……。プレイ風景は、deltazuluさんも 書かれてる ので、そちらもご参考。

しかし、「ナイトウィザード」のときにも思ったのだけど、実際にプレイしてみると、TRPG はふつーのゲームとほぼイコールという印象だなぁ。感覚的には、多人数で『ウィザードリィ』を遊ぶような印象。……それにしても、学生ならともかく、社会人が遊ぶには、時間もかかるし人も必要と、そゆ面では、ひたすら優しくないと思う。

[ 2008.05.08 ]

  このエントリーをはてなブックマークに追加