好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


朝日新聞出版 ソノラマノベルス
キマイラ9 玄象変 /夢枕獏

『スレイヤーズ』が1990年代を代表するライトノベルだとすれば、この『キマイラ・吼』は1980年代を代表するそれです。先日、『スレイヤーズ』を一気読みした際に、『キマイラ・吼』を調べてみたら、未読の巻が三冊も出てるのに気づいた(汗;。いや、ソノラマ文庫で出てた時はちゃんとチェックしてたのだけど、ソノラマ文庫がなくなってからは、よくわからなくなってたのよね。

で、この『キマイラ9』、ソノラマ文庫で数えると17冊目になるんですが、ああ、玄造のおっさんが、まだ、昔語りをしてるのか。いままで敵と思っていた久鬼玄造が、実は大鳳の伯父であり、ずっとキマイラの謎を追っていたと九十九と吐月に語る話の途中。玄造が過去を回想する中で、さらに、その過去の中で手に入れた手記をその手記の書き手の視点で描くという入れ子の構成になっていて、どうにもややこしい。こんなことを13巻ぐらいからずっとやってるんだぜ……。

その昔語りも、玄造が、そして玄造の妹で麗一と大鳳の母にあたる智恵子が、梶井の夢を引き継ぎ、西域に向かうところで話は終わる。長かった、とにかく長い昔語りだった……。

そして、物語は現代へ。麗一の居場所がわかり、一行は、南アルプスへ向かう。おおう、龍王院弘がでてきたぁぁぁぁっっっ!! いや、龍王院弘は好きだな。研ぎ澄まされた美しさがある。まあ、復活前なので、ボロボロでいまは美しさもなにもないのだけど(^^;。で、いよいよ、キマイラ化した久鬼麗一が、九十九、玄造、典善、吐月、そして菊地の前へ。ようやく動き始めた物語に、続きも楽しみすぎるなっ!!

[ 2015.11.26 ]