好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


メディアファクトリー MF文庫J
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ /東龍乃助

最高傑作級。悲愴的な世界観で主人公が全てをかけてヒロインを守るというロボットもの。「アニメのキャラが現実に」という話で、こういう設定だとふつーコミカルな雰囲気にすると思うのだけど、これが、めちゃくちゃシリアス。シリアスな世界観に大人気アニメがどーこーという設定が出てきて、はじめは不安しかなかったのだけど、でも、この設定をもの凄く上手く料理をしていて、この着想は素晴らしいや。傑作間違いなし。

そゆわけで、人間を捕食する謎の巨大生物マルス。そんな怪物に唯一対抗できる兵器の生贄にされた少女の前に“彼”が現れた……。という感じの内容で、序盤は捕食シーン入りまくりで、『進撃の巨人』の影響だよね(^^;。や、自衛隊が存在するような近未来が舞台なんだけど。そんな人間がゴミのように怪物に食われる世界の中で、さらに、怪物の好物である中高生を中心とした生贄部隊といった悪意の塊のような設定が、全くえげつない。そんな悲愴感あふれまくりな世界に、光り輝く希望としてアニメキャラが出現するとか、マジにどういうストーリー展開だよっ!! そのアニメキャラのエイルン・バザット、氷室夏樹も、悩みに悩む人間味あふれるキャラなので、いい感じに重くシリアスな展開になっているのんな。それでいて、きちんとロボットものらしい熱い展開とカタルシスも用意されていて、ホント、素晴らしい素晴らしい。

しかし、アニメ世界のスーパーロボットは現実世界ではさすがに強すぎなんだけど、これ、今後どうストーリーを転がしていくつもりなんだろ? あと、戦闘シーンが漫画なのは新しい試みだと思うのだけど、表現方法としてちょっと微妙。いきなりそこで漫画にするのではなく、もっと戦闘以外の部分もロボット多目に挿絵入れていく感じじゃないと違和感あるよね。てか、はじめからメディア展開の企画として動いてるみたいなのだけど、それなら、さっさとアニメ化にでもすればいいんじゃないですかね?

[ 2015.02.16 ]

東龍乃助作品の感想