好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


角川書店 スニーカー文庫
問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 /竜ノ湖太郎

少し長いこと積んでたので半分忘れていたのだけど(汗;、えっと、無双していた十六夜がぼろぼろで死に掛けているんですが。<をい そうか、魔王連盟ウロボロスとの戦いも終わりかけていたところで、十六夜を一撃で屠るような想定外の災厄・魔王アジ=ダカーハが復活したところで、前巻終わっていたんだっけか。

そゆわけで、魔王アジ=ダカーハこと人類最終試練との戦い。俺THEEEEEの代表格で圧倒的なまでに無双していた十六夜がぼろ負けして死を覚悟する展開っ!! や、“Last future of Embryo”と十六夜を呼ぶ金糸雀の言葉からすると、この試練は乗り越えていくのが確定的なんだろうけど、あそこまで絶望的な力量差から、どうやって逆転していくんだ? 耀や飛鳥の成長も目覚しく三人で力を合わせる的な展開かと思うのだけど、耀や飛鳥側もまだ一波乱二波乱ありそうだしなぁ。マジ、どうなるんだろ。続きが気になる~。

後半には短編が収録されているのだけど、「暴れ牛/馬」って。それだけで大笑いですよ。箱庭世界に来る前の話は、飛鳥は敗戦直後、十六夜は現代出身だからよく書かれるけれど、未来世界の耀は明らかに描写が少ないよな。さすがに、SFはやらないか(笑)。

[ 2015.02.18 ]