好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


KADOKAWA 角川スニーカー文庫
ヒマワリ:unUtopial World 3 /林トモアキ

なんだか、いきなりコミカルで番外編っぽい雰囲気になったなぁ。ひきこもり系眼鏡っ娘がヤンキーらと闘うシリーズで薬と暴力が蔓延する世界観だったはずが、クッキングバトルをはじめたりネタのチョイスが唐突で、雰囲気も今までのシリアス寄りからコメディ側に寄せてきてる印象。そして、よくわからないうちに第一部完か。

そもそも、前巻で登場してきたプラチナが、そのままストーリーの中心に居座って違和感ありまくりなのだけど、もしかして、林トモアキの他シリーズを読んでいると、印象変わるのかしらん。他シリーズと世界観は共通してるんですよね? プラチナに限らず、ろくに伏線もなく唐突に物語に入ってくる要素が多すぎる。もとのシリアスな雰囲気に戻して、きちんと伏線はったりストーリー構成に気を配ってほしいのだけど、そもそも、第二部はきちんと始まるのだろうか?

[ 2016.12.10 ]

林トモアキ作品の感想