好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


エンターブレイン ファミ通文庫
“文学少女”見習いの、卒業。 /野村美月

ちょっ、先生、ガチすぎる(笑)。……そして、とうとう迎える卒業式は、筆力に定評のある野村美月だけあって、とてもとても綺麗で泣ける結末だ。

というわけで、見習い完結編を含む中短編三話。夏目漱石の『ココロ』を下敷きに菜乃の親友・瞳の過去に向き合う「“文学少女”見習いの、寂寞。」、タイトルそのままな「ある日のななせ」、そして、完結編の「“文学少女”見習いの、卒業。」。とりあえず、ななせぇ~~~(*^^*)。や、卒業を控え、菜乃と心葉の成長が強調される中、相変わらずのツンデレぶりを発揮するななせが、やっぱり素晴らしい。いつまでもそのままの ななせ でいて欲しい。顔文字使いまくりなメールもいいねっ!! 可愛い可愛い。

そして、本編終了後はじまった文学少女見習いの物語もいよいよ終了。とにかく綺麗なラストが素晴らしい。それにしても、猪突猛進な菜乃の成長も見られるけれど、それよりも、心葉の成長ぶりが凄まじすぎるっ!! そんな頼りがいのある心葉なんて……。そして、次回シリーズ『半熟作家と“文学少女”な編集者』って、えっ?! 心葉、もはや半熟って感じじゃないんじゃ……。

[ 2010.09.04 ]