好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


エンターブレイン ファミ通文庫
覇剣の皇姫アルティーナ /むらさきゆきや

めちゃくちゃおもしろいっっっ!! 厄介払いで辺境に飛ばされた皇姫と左遷された冴えない軍師のファンタジー戦記。そういう設定からしてありがちな話なのだけど、わりとシビアな状況にもかかわらず、あくまでキャラクターメインのライトなノリがいいねぇ。愉快なキャラたちのやりとりが楽しい楽しい。

好きなライトノベルを投票しよう!! 2013年上期」で、わりと票を集めていたので手を出してみました。たまたま幕僚の末席にいたばかりに、敗戦の責任を取らされ辺境に左遷された主人公・レジスは、厄介払いで辺境軍の司令に任じられていた皇姫・アルティーナと出会う。という感じで、どこかで見たような展開が目白押しのベタな物語なのだけど、上手く、ライトノベルらしい軽いキャラクター小説に仕立ててる印象。皇姫アルティーナやメイドのクラリスをはじめとしたヒロインたちと、童貞気質なレジスのやり取りが楽しい楽しい。これはいいキャラクター小説。一方、ストーリーはちょっとご都合主義で、ファンタジー的な世界観の作り込みもちょっと薄い部分が強いかな。まあ、そこも含めて、ライトノベルらしいファンタジー戦記として出来がいい感じ。とにかく面白いっ!!

しかし、まだまだ物語はこれからで、途中下車しにくいような話なのだけど、どんくらいの長編を目指してるのかしら(^^;。えっと、アルティーナが皇帝になるまでは、先長そうだぞ~。

[ 2013.08.28 ]

むらさきゆきや作品の感想