好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


エンターブレイン ファミ通文庫
覇剣の皇姫アルティーナX /むらさきゆきや

うわぁ、ここに来てレジスの采配が神がかってて震える。相変わらず、自己評価が低かったり、ラトレイユへの対応は迂闊で抜けまくっいてレジスらしいのだけど、今まで以上に、天才に磨きがかかってる風な描写が凄い。レジス無双な展開は読んでて楽しいのだけど、おおう、ラストでそういう展開になりますかー。……えっと、アルティーナは出番がないし、もはやレジスの方が重要人物になりつつあるのに、これでなんで、タイトルはレジスでなくアルティーナなの?<をい

そゆわけで、軍人らしくない読書狂のレジスが軍師として活躍するシリーズも二桁の大台。いよいよ、ハイブリタニア編も大詰めなんだけど、うーん、エリーゼ含め、もうちょっといろいろなイベントがあると思っていたので、想像よりもあっけない決着はビックリした。むしろ、ラトレイユとの対決の序章という感じかしらん。

しかし、王位継承権の設定には無理があるし、アルティーナの即位はラトレイユの次でいいんじぇね?と思っていたのだけど、思ってた以上に対立を煽る展開だな。そうすると、マジにラトレイユを廃することになってくと思うのだけど、さすがに条件設定キツすぎだろっ!! さっそく幸運が転がり込んでる風ではあるけど、ここから逆転、ほんとにできるの?

[ 2015.11.29 ]

むらさきゆきや作品の感想