好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


アスキー・メディアワークス 電撃文庫
王手桂香取り! /青葉優一

好きなライトノベルを投票しよう!! 2014年上期」で上位にランクインしていたので買ってみました。第20回電撃小説大賞<銀賞>受賞作の新人作品。タイトル通りラノベでは珍しい将棋ネタなのんね。

内容は、将棋好きの主人公・歩の元に、将棋の駒が女の子の姿で現れ……。という、将棋の駒の美少女擬人化モノ。美少女擬人化モノだけど、駒たちは、恋愛の対象に入ってくるわけでもなく、あくまで将棋の先生という立場なので、萌え系というよりも、青春スポ根モノっぽい雰囲気のほうが強いかな。いままで敵わなかった他校の強敵たちに、短期間の特訓で実力を上げ、憧れの先輩たちと一緒に挑んでいくという熱い展開っ!! たぶん、駒たちが女の子である必要はあんまりない。というよりも、駒娘三人いても、正直印象弱いというか(^^;。

全国大会目指しての特訓と勝負だけでなく、先輩との青春ストーリーとしても良質なのだけど、ただ、やっぱ将棋を小説で描くのは難しいわ。文章で書かれても、さっぱりどういう盤面になっているか思い浮かべることが出来ないのよ。わりにガチに駒を動かして将棋の対局が描かれているのだけど、これ、本当に将棋をやってる人じゃないと、着いていけないんじゃないか? 絵で書いてあると、実際理解できてなくても雰囲気で理解できた気分になれるのだけど、5五銀とか書かれても、さっぱりわからんよね。これはキツイ。

しかし、一人ずつ弱い駒から娘が増えていく展開かと思ったら、このラスト、どういうことだよ!? そして、全国に行くと、対局相手も駒娘持ちとかそういう展開になるのかしらん?

[ 2014.08.30 ]

青葉優一作品の感想