好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


アスキー・メディアワークス 電撃文庫
王手桂香取り! 2 /青葉優一

二巻で金銀飛車角を飛び越えて玉将、さらに、中学最強との対決って、ラストも綺麗だし、ここで終わっちゃうのかしら!? 一瞬で有利不利が入れ替わる熱い対局が素晴らしかったのだけど、ここで終わりだとすると、もったいないなー。

そゆわけで、最強の駒娘、女王様の登場。全国大会優勝を目指し、女王様によるスパルタ指導がはじめる……。という感じで、いやー、玉将の化身である女王様が愉快。さすが女王様だけあって、キャラの存在感がハンパねぇ。ただ、他の駒娘たちはなおさら影が薄くなり、これなら、はじめから女王様だけいればよかったんじゃ(笑)。や、女王様は素晴らしいのだけど、前巻含め複数の駒娘を上手く描けていないのは、やっぱ、新人故の力不足なのかなぁ。……そして、打倒、中学最強を目指して短期間でメキメキと実力をつけ、その中学最強との一進一退の対局っ!! 桂香先輩との初々しいラブコメパートも含め、非常に面白かったです。

それにしても、二巻でラスボス戦にあたる全国大会終了まで描ききっていて、普通、もうちょっと巻数使う内容だと思うのだけど、どんだけもったいないスピード展開ですか。や、ラストも綺麗に終わっていて、次回といっても、高校生編とか奨励会編とかプロ編とか数年後にでもしない限り、この続きのままで書くのは難しいと思うのだけど、どう続けるつもりなんだ? というか、続くのか!?

[ 2014.09.03 ]

青葉優一作品の感想