好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


アスキー・メディアワークス 電撃文庫
さよならピアノソナタ encore pieces /杉井光

うわぁ、プロポーズに至る道程が素晴らしく綺麗。ナオの鈍感は相変わらず酷すぎるっ!!

4巻で完結した『さよならピアノソナタ』の“アンコール・ピース集”と銘打った、主にその後のフェケテリコの面々を描いた短編集。まあ、本編も綺麗に終わってるので、それに付け加える内容としては、正直、蛇足だと思うんだけど、どの短編も杉井光らしくとても綺麗。特に良かったのは、ナオと真冬のプロポーズを主題とした「"Sonate pour deux"」と哲郎メインの「だれも寝てはならぬ」。ナオの鈍感はともかく、言外に訴える真冬がとにかく可愛いっ!! そして、哲郎が、それに輪をかけて可愛いすぎるだろっ!!

[ 2009.10.12 ]