好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


KADOKAWA 電撃文庫
86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―<上> /安里アサト

1巻のラストに至るまでの空白を描いたシリーズ第二弾。ユージンのエピソードをはじめ、相変わらず凄さを感じさせるのだけど、ただ、蛇足というには言い過ぎだとしても、もともと1巻で省略されていた部分だし、シンの扱いをはじめ、個人的には不満も多く、下巻次第かなぁん。まだまだ描かれてない部分も多いしなぁ。……どうせなら、滅びゆく共和国側をメインで描いてくれればよかったのに。

新キャラのフレデリカには期待だけど、どうにも今後の扱いがわからんな。物語としては、1巻から変わらず凄まじくて、下巻には期待したいところだけど。

[ 2017.07.16 ]

安里アサト作品の感想