好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


SBクリエイティブ GA文庫
ゴブリンスレイヤー /蝸牛くも

最高傑作級。既存のファンタジーとは一線を画する、陰惨で血なまぐさい物語。これほどグロいファンタジーも珍しい。……にもかかわらず、この表紙はなんだ? ここまで中身と表紙イラストがあってないのは、さすがに酷すぎる。というか、とりあえず、ヒロインの絵を表紙にすればいいとか、編集者、バカじゃね? そんな編集者は、今すぐやめたほうがいいと思う。

この作品、とにかく凄惨でグロいのよ。隙あらば殺され犯され、人としての尊厳がたやすく奪われる世界の中で、血と腸と糞尿にまみれて戦う一人の戦士の物語。駆け出しの冒険者がモンスターに負けるとはどういうことか、町がモンスターに襲われるとはどういうことか、若い女がモンスターに連れ去られるとはどういうことか、ファンタジー世界でよくある不幸な日常を、とことんグロテスクに描いていて、圧倒される。「駆け出しの冒険者が行方不明に」とか「町が襲われた」というよくある文章の裏に、ここまでの不幸と絶望が秘められているのか、と。最弱とはいえ、狡猾で残忍で非道なゴブリン。残虐な性格ゆえに不幸な事件も多いにもかかわらず、その弱さゆえに、国も有能な冒険者も相手にしないゴブリンを、ただ一人、血と腸にまみれてひたすら狩る、狩る、狩るっ!! こういう物語なら、主人公は、当然、無口で一途な職人気質なわけだけど、やはり、物語にうまくハマってる主人公で、素晴らしいことこの上ないね。

後半は、もっと救いのない話になっていくのかと思ったのだけど、さすがに、そこまではいかなかったか。ラノベらしく、プチハーレム的な展開もあるのだけど、まあ、そういう雰囲気も嫌いじゃない。むしろ好きだったりもするのだけど、ただ、続きが出て、そのラノベ的な要素が強くなっちゃったりすると、なんだか中途半端に普通のファンタジーになっちゃいそうだけどなー。

[ 2016.02.24 ]

蝸牛くも作品の感想