86


KADOKAWA 電撃文庫
86―エイティシックス― /安里アサト

うわぁ、ゾクゾクと引き込まれるなぁ。……もの凄く危ういバランスのピーキーな設定で、その割りに、ストーリーの構成や設定の組み立て方は雑だと思うんだけど、でも、特に、シンの“死神”の異名の理由が語られてからは圧巻される。凄かった。

第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作。有色人種だけが人権を奪われ戦場の最前線で死んでいく世界。安全な後方で部隊を指揮する白人のレーナは、いわくつきの古参兵を集めた精鋭部隊を任せられる……。と、第二次世界大戦下のナチスとユダヤを思わせるような差別と、人間を“プロセッサー”と呼び兵器のコンピュータの代わり扱うという発想の設定が凄まじい。いやぁ、『疾走れ、撃て!』のハッチフェイスを思い出させるような設定なんだけど、やっぱ、エゲツないわ。このエグい設定と、差別する側とされる側の人間ドラマが重く、面白いとかつまらないとか、出来不出来とか関係なく、胸に迫るものがある。いや、本当にすごい作品だった。

[ 2017.03.19 ]


KADOKAWA 電撃文庫
86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―<上> /安里アサト

1巻のラストに至るまでの空白を描いたシリーズ第二弾。ユージンのエピソードをはじめ、相変わらず凄さを感じさせるのだけど、ただ、蛇足というには言い過ぎだとしても、もともと1巻で省略されていた部分だし、シンの扱いをはじめ、個人的には不満も多く、下巻次第かなぁん。まだまだ描かれてない部分も多いしなぁ。……どうせなら、滅びゆく共和国側をメインで描いてくれればよかったのに。

新キャラのフレデリカには期待だけど、どうにも今後の扱いがわからんな。物語としては、1巻から変わらず凄まじくて、下巻には期待したいところだけど。

[ 2017.07.16 ]