ブルースカイ


早川書房 ハヤカワ文庫JA
ブルースカイ /桜庭一樹

悪くはなかったけれど、私的にはいまいち。いやぁ、あそこら辺の普通っぽい女子高生は、理解できないからなー。

そゆわけで、中世ヨーロッパの魔女狩りの時代に、舌なめずりをしながら「そうだ。我々はまだ、子供を味わっていない」と狙った女の子を魔女に仕立てようと企む、それはどこのエロゲの世界ですカー、という感じのSF。でも、私的にはどうにもいまいち。やっぱり、女子高生に共感も理解も出来なかったのが敗因かなー。いや、こういう作りの内容だと、きちんとラストに浸れないと味わいが半分以下な予感。うーむ、良く計算された構成で、そういう部分は面白かったんだけどねぇ。

参考:
感想メモリンク → QujiさんC.Fさん恵さんdeltazuluさんkanadaiさんjuice78さんyoukitiさんconsistさんpuhipuhiさんさとるさんyama-gatさんadramineさんINNさん

[ 2005.10.11 ]