キマイラ吼シリーズ


朝日新聞社 ソノラマノベルス
キマイラ青龍変 <キマイラ>別巻 /夢枕獏

キマイラ吼シリーズは、まさに今のライトノベルの礎を築いた、ライトノベルの中のライトノベルである。第一巻の『幻獣少年キマイラ』が発売されたのが1982年。シリーズ開始から27年たってなお終わりの見えない、ライトノベルの中でもっとも古くから続いている作品の一つでもある。

キマイラ吼シリーズが出る前、1970年代までは、子供向けのジョブナイルから卒業すると、中高生の読む小説といえば、SFかミステリ、はたまた歴史小説といった一部のマニア向けの小説しかなかった。そこへ10代がほんとに楽しめる小説を標榜して、10代向けにもかかわらず、低俗な「エロスとバイオレンス」を持ち込んだのが、のちにライトノベルと呼ばれるようになる一群の10代向けエンターテイメント小説である。90年代になると、やがて「エロ」は「萌え」に取って代わられるようになるが、80年代のライトノベルはすべからくエロい漢の小説であった。その漢の小説の代表作こそ、このキマイラ吼シリーズなのだ。

ここで簡単にキマイラ吼シリーズのストーリーについて説明すると、主人公の大鳳吼は、友人以上恋人未満な織部深雪と語らう幸せな高校生活を送っていた。しかし、不良たちとの諍いをきっかけに、内に秘めていた「幻獣キマイラ」の力を目覚めさせ、やがて、その力に振り回されていく……、という感じで、今で言えば、学園異能の分類される。というより、このキマイラ吼シリーズこそが、現在の学園異能の源流の一つにあたる。

と言っても、この『キマイラ青龍変』は、「キマイラ」の名前を冠してこそいるが、主人公の大鳳吼をはじめ、織部深雪も、九十九三蔵も、真壁雲斎も、久鬼麗一も登場しない。あくまで、大鳳吼の敵として登場した龍王院弘とその師匠・宇名月典善の物語である。

龍王院弘は、もともと大鳳吼を追う敵として登場するが、主人公に立ち塞がる敵役の習いとして、三蔵に負け、ボックに破れ、物語から退場していくかに見えたがそこで終わらない。キマイラ吼シリーズと関連の深い『闇狩り師』の「崑崙の王」で、自信喪失に悩みつつも、三蔵の兄・乱蔵とタッグを組み、無事に復活することになる。いや、龍王院弘は、挫折を経ることにより、より味のある魅力的なキャラクタに生まれ変わったのだ。そして、単なる天才ではない、こういう泥にまみれた拳法家の漢を描くことこそ、夢枕獏の真骨頂ともいえる。

この『キマイラ青龍変』は、その龍王院弘の若き日の物語である。師匠・宇名月典善との出会い、二人での放浪の日々、そして、修羅の門をくぐるに至る経緯。非常にあついあつい熱を持った格闘小説である。

[ 2009.07.07 ]


朝日新聞出版 ソノラマノベルス
キマイラ9 玄象変 /夢枕獏

『スレイヤーズ』が1990年代を代表するライトノベルだとすれば、この『キマイラ・吼』は1980年代を代表するそれです。先日、『スレイヤーズ』を一気読みした際に、『キマイラ・吼』を調べてみたら、未読の巻が三冊も出てるのに気づいた(汗;。いや、ソノラマ文庫で出てた時はちゃんとチェックしてたのだけど、ソノラマ文庫がなくなってからは、よくわからなくなってたのよね。

で、この『キマイラ9』、ソノラマ文庫で数えると17冊目になるんですが、ああ、玄造のおっさんが、まだ、昔語りをしてるのか。いままで敵と思っていた久鬼玄造が、実は大鳳の伯父であり、ずっとキマイラの謎を追っていたと九十九と吐月に語る話の途中。玄造が過去を回想する中で、さらに、その過去の中で手に入れた手記をその手記の書き手の視点で描くという入れ子の構成になっていて、どうにもややこしい。こんなことを13巻ぐらいからずっとやってるんだぜ……。

その昔語りも、玄造が、そして玄造の妹で麗一と大鳳の母にあたる智恵子が、梶井の夢を引き継ぎ、西域に向かうところで話は終わる。長かった、とにかく長い昔語りだった……。

そして、物語は現代へ。麗一の居場所がわかり、一行は、南アルプスへ向かう。おおう、龍王院弘がでてきたぁぁぁぁっっっ!! いや、龍王院弘は好きだな。研ぎ澄まされた美しさがある。まあ、復活前なので、ボロボロでいまは美しさもなにもないのだけど(^^;。で、いよいよ、キマイラ化した久鬼麗一が、九十九、玄造、典善、吐月、そして菊地の前へ。ようやく動き始めた物語に、続きも楽しみすぎるなっ!!

[ 2015.11.26 ]


朝日新聞出版 ソノラマノベルス
キマイラ10 鬼骨変 /夢枕獏

菊地ぃぃぃぃぃぃぃっっっ!! うわぁ、そこでそういう絡み方をするかぁ~。もともと、チンピラAにすぎなかった菊地が、ここまで魅力的なキャラになるとはなぁ。素晴らしい。そして、深雪は、相変わらず、そういう役どころなのか(^^;。で、あの九十九が、役立たずになりはててて、情けなさすぎる……。

やっと、物語の舞台は現代へ。南アルプスでの久鬼麗一との鮮烈な遭遇。そして、それから一か月半……。という感じで、麗一の変貌を目の当たりにし、九十九、菊地、龍王院弘は、それぞれに想い、そして、玄造とは別にキマイラの秘密を追うフリードリッヒ・ボックの一味が動き始めるという展開なのだけど、やっぱ、この巻は、菊地だよなぁ。人間の負の感情を煮詰めたようなキャラで今までも強烈な印象を与えてきた菊地だけど、ここで、こういう風に魅せてくるとは思わなかった。ほんと凄い。それと対照的に、あの魅力に満ち満ちていた九十九の情けなさたるや。まあ、その情けなさがあるからこそ、ラストのページが生きてくるのだけどなっ!! なんやかんやで、九十九もまだ高校生だもんなぁ。

そして、深雪はそういう役どころとはいえ、不憫で仕方ない(笑)。……そういえば、主人公の大鳳はさっぱり出番もなく、まったく存在感もないのだけど、そろそろ次巻で出てきますかね?

[ 2015.12.01 ]


朝日新聞出版 ソノラマノベルス
キマイラ11 明王変 /夢枕獏

まっ、また過去語りだと……。

ボックに攫われた深雪と菊地を軸に物語が展開するかと思いきや、今度は、久々に戻ってきた真壁雲斎が、キマイラの秘密を語りはじめちゃったよ……。いや、秘密は秘密でストーリー上、重要なんだろうけど、やっと現代に戻ってきたと思ったのに、すぐにまた過去の話をはじめなくても。今度の過去話も、まだまだ結末が見えないのだけど、どんだけ続けるつもりだ? 深雪、放置プレイ。

しかし、あとがき。史実のほうが変化したので、当初想定していたラストシーンが書けなくなったって、どういうこと!? スタートから30年以上経っているとはいえ、ううむ。あと、あと数巻で完結させるような言いようなのも衝撃だなぁ。生きている間、永遠と書き続けるつもりなのかと思ってた。……でも、あと数巻で完結といいつつ、いきなり長そうな過去話が始まったのは、いったいどういう。

[ 2015.12.03 ]


朝日新聞出版 ソノラマノベルス
キマイラ12 曼荼羅変 /夢枕獏

いつの時代のヤンキー高校だよっっっ!!(笑)

いや、『キマイラ』の時代設定的に正しいのか? 高校に入学した久鬼麗一は、九十九三蔵と出会い、やがて学園を支配する「もののふかい」との対決に巻き込まれていく。と、学園にボスがいる時代、すごく昭和の匂いを感じさせる展開すぎるっ!! 1980年代に始まったシリーズで過去を振り返る内容なので、まあ、時代錯誤的な展開も正しいか。これはこれで、めちゃくちゃ面白いんだけど、いやー、今の時代にこの展開を描いてしまうのは、とにかくすげーな。

しかし、残り数冊で完結予定という状況で、またしも過去話とか、いったい……。内容的にも、『キマイラ』の名前を冠しなくても、これだけで読み切り短編として成立しそうな物語で、どうにもおかしい。えっと、どういう経緯で過去話になったんだっけか? キマイラの秘密は関係なく、ふつうに久鬼麗一と阿久津元の青春ストーリーになっているんですが。あとがきによると、次巻で現在に戻るらしいのだけど、ほんとかよ?

[ 2017.03.07 ]