犬はどこだ


東京創元社 ミステリ・フロンティア
犬はどこだ /米澤穂信

探偵モノと言えば、助手は勝気な年下の女の子と決まってるだろっ、なんだそりゃ、ダメダメじゃん!! せめてもっと妹を出しやがれっ、くきぃ~~~~~~。いや、それとも、GENか、GENなのか~~~。……とか思いつつ読み進めていたのだけど、いやぁ、きちんと計算された構成もさるものなら、後半の畳み掛けるような展開が素晴らしい~。

そゆわけで、銀行を辞めた青年が犬捜し専門の仕事をはじめました、という話。やはり、文章と構成については、非常にクオリティが高い。2つのシナリオが同時進行する形式を取っているのだけど、特に、2つのシナリオが交差して畳み掛けてくる後半が、ほんとに、とにかく素晴らしいのよ~。ただ、ハンペー側のシナリオは扱いのわりにラストへの寄与が小さく尻つぼみな予感も。あとはやっぱり、ラストが好みじゃねー(^^;。

参考:
感想メモリンク → C.Fさん安眠練炭さんG.CAR.STKさん朱鷺野耕一さんリオンさんstreet-kidsさんgoodbye_fairyさんarchitectさんt-snowさん葉月さんFOOLさん

[ 2005.07.27 ]