オウガにズームUP!


メディアファクトリー MF文庫J
オウガにズームUP! /穂史賀雅也

大好きだった『暗闇にヤギを探して』(→感想)の作者、穂史賀雅也の新作。うーん、独特のセンスは健在なのだけど、いろいろもったいないなー。キャラの行動をはじめとして、ストーリー構成にしろ、設定にしろ、やけにちぐはぐな部分が多く、明らかに、作り込みが甘い予感……。

同級生の秘密を握ってしまった少年・犬伏ユージは、その可愛い同級生・井上ククルと、半強制的に結婚しなければならないことに……。という感じの、ハートフルラブコメ。や、ククル可愛いよ、ククル。いきなり可愛い同級生と結婚することになってしまったユージの戸惑いと、ユージに淡い想いを寄せるクルルの共同生活が、ほんと、ほのぼのと描かれていて、そこは、なかなかに楽しい作品。穂史賀雅也の独特のセンスも健在で、まったりしたハートフルラブコメとしては、面白かったです。

ただ、ユージの行動がいまひとつ定まってなかったり、使わない設定や伏線がどんどん出てくるわりに、肝心の説明がおざなりだったり、とにかく作りがちぐはぐで、明らかに完成度が低いのが泣ける(T-T)。や、もうちょっと内容を整理してから、出したほうが良かったんじゃね? とにかくもったいないなー。

[ 2008.10.28 ]


メディアファクトリー MF文庫J
オウガにズームUP!2 /穂史賀雅也

こっ恥ずかしい恋愛が、やっぱり素晴らしい素晴らしい。いやいや、今回スポットが当たってる宮内さんが、うひぃ~~~~~~。

半強制的に結婚することになったユージとククル。宮内さんと虎太郎という恋のライバル登場で、夫婦関係に危機が……。という感じで、恋のライバル登場は、あまりに安易で、そして安易なパターンを使ってるわりに、プロットもいまいちで、正直、あまり褒められた出来ではないと思うのだけど、でもでも、くらくらするぐらい真っ直ぐな恋愛描写が素晴らしいっ!! ていうか、もうもう、宮内さんの独白とか、ラストのユージとククルの関係とか、うひぃ~~~~~(*^^*)。

そして、エピローグ的な6話は、とても綺麗な描写で、今後に期待が持てる内容なので、続きも非常に楽しみです。基本、次々とユージを好きな娘が登場していく展開? ……まあ、それはそれとして、りっぱり、もうちょっと完成度は高めて欲しいけど(^^;。

[ 2009.03.30 ]


メディアファクトリー MF文庫J
オウガにズームUP!3 /穂史賀雅也

……いまいち。というか、これといったイベントもなく、話がぜんぜん動いてねぇ。

異世界の幼妻との半強制的な結婚生活を描いたシリーズ三冊目。今回は、ククルの母登場という話なんだけど、うーん、ククルの水着姿以外は、これと言って、目立つイベントがないんですが~。特に、他の女の子たちとの恋愛系の絡みが弱いのが残念。まったりした雰囲気は悪くないのだけど、でも、ここまで中身がないのは、さすがにどうよ?

[ 2009.08.26 ]


メディアファクトリー MF文庫J
オウガにズームUP! 4 /穂史賀雅也

シリーズ完結。……いかにも打ち切りで、「無理矢理決着つけました」という、唐突で十分な描写もなく話の筋も乱暴なラストは残念無念。でも、この作者の人の作風は好きなので、次回作には期待したいところだなぁん。

[ 2010.01.12 ]

穂史賀雅也