りゅうおうのおしごと!


SBクリエイティブ GA文庫
りゅうおうのおしごと! /白鳥士郎

最高傑作級っ!! 白鳥士郎なのでコミカルなのは当然として、その上で、熱くて、そして、泣ける展開。小学生女子と嬉し恥ずかし同棲生活という話なんだけど、これは素晴らしいっっっ!!

『のうりん』白鳥士郎の新作は、将棋ラノベ。将棋ラノベって、棋譜の表現が難しいので、ラノベで将棋を描くのは難しいと思ってた時期が、俺にもありました……。いや、中二病な歩夢との対局をはじめ、将棋を知らなくても楽しめる、それでいて、目に浮かぶような対局の描写がとにかく上手い。最期のあいちゃんの対局の緊迫感とか相当に凄いよね。ほんと、単純に巧い。

ストーリーのほうは、最年少「竜王」の九頭竜八一の元に、小学三年生の女の子・雛鶴あいが弟子になりに押しかけてきた、というもの。ベースはロリ少女中心のコメディなのだけど、勝負の世界ならではの厳しさもきちんと併せ持っていて、ここら辺のギャップの見せ方は、『のうりん』でも見せる白鳥士郎ならではの巧さだよね。いやー、マジおもしろいっ!!

[ 2015.09.27 ]


SBクリエイティブ GA文庫
りゅうおうのおしごと! 2 /白鳥士郎

最高傑作級っ!! 2巻もすげーおもしろいなっ!! コミカルな筆致の中に、勝負の中で生きる人たち特有の「熱さ」があり、非常におもしろい。もちろん、弟子の あい を中心に、ヒロインたちの可愛らしさも絶品で、まったく、小学生は最高だぜ!!<作品が違う(^^;

プロ将棋界最高位の竜王に最年少でなった九頭竜八一と、その弟子の小学生・雛鶴あいの物語の第二弾。この二巻では、高飛車ツンデレ小学生棋士・夜叉神天衣、登場。名人からの依頼で、天衣の指導をすることに……、という感じの話。1巻でも思ったけれど、将棋の対局を文章でここまで熱く、おもしろく描くのは、ほんと凄いな。将棋に詳しくなくても、対局の凄さがビシバシ伝わる描写が、マジに上手い。あい&天衣の対局といい、八一の対局といい、熱い対局がたまらないっ!!

新キャラの天衣は、うわー、この設定はいろいろ卑怯だ。まあ、さすがにこのぐらい卑怯じゃないと、あい には対抗できないか。うん、可愛さでは あい がやっぱり最高か。そして、うわぁ、挿絵効果もあって、あの場面は、がくがくぶるぶる。<をい。……あいの可愛さも最高だけど、シャルちゃんがまた凶悪だよなぁ。舌足らずなセリフと無防備なスキンシップは、ベタなんだけど、だからこそ凶悪。そして、姉弟子の扱いはさすがにどうよ(笑)。いやー、キャラもめちゃくちゃ素晴らしくて、この作品、ほんとに素晴らしいわっ。最高っ!!

[ 2016.01.15 ]


SBクリエイティブ GA文庫
りゅうおうのおしごと! 3 /白鳥士郎

最高傑作級。山刀伐vs八一、桂香vsあいの手に汗握る熱い戦い。努力と才能のぶつかり合い、そして、その二つを超えるもの。己の将棋人生をかけた戦いが、マジ、熱すぎるわっ!! そして、桂香のくだりには、とにかく泣けるっ!!

苦手意識を持つ山刀伐にまたも敗れた八一は、秘策を求め≪捌きの巨匠≫の元へ。一方、桂香は年齢制限の壁の前に、将棋人生の崖っぷちに追い込まれていた……。将棋界の厳しさ、絶望に抗う戦い、そして、努力と才能の物語。うわぁ、一千兆に一つの可能性に挑む熱戦が凄い。努力vs才能は、昔からよく扱われる題材だけど、ここまで残酷な差を見せつけつつ、それだけで終わらない物語に仕立てているのが素晴らしいわ。努力だけでA級に上がった山刀伐と最年少タイトル保持者の才能を持つ八一、研修会最年長の桂香にまだ将棋を覚えて数か月のあい、二組の努力と才能の戦いという構図。うますぎ。対局シーンも、将棋を知らなくても、相変わらず、わかりやすく楽しめる書きようで、筆力高すぎだろっ!!

しかし、前回登場した天衣の出番がほとんどないのは、いったいどういう。や、あい にしても、立ち位置微妙なんだよな。八一の目標はわかりやすいのだけど、あい と天衣の二人は、今後、どう物語を作ってくんだろ?

[ 2016.05.17 ]


SBクリエイティブ GA文庫
りゅうおうのおしごと! 4 /白鳥士郎

“白い棋士が勝つわ” ……をい(笑)。

最高傑作級。相変わらず、クオリティ高くて、むちゃおもしろいな。今回は、あいと天衣のはじめての公式戦。二人はアマも参加可能な女流タイトル戦「マイナビ女子オープン」へ。と、今更だけど、「マイナビ」「ニコ生」と、ふつーにリアルな名前を出してくるのんな。「マイナビ女子オープン」は実在する女流タイトル戦で、ニコ生での中継もやってるらしい。ということは、リアルもJS生放送満載なのかっ!? ……いや、今回、ニコ生ネタでやってたのは、棋帝戦だけど。

「小学生は最高だぜ!」と笑えるネタを挟みながら、燃える展開と感動的なシーンをきちんと盛り込んでくるスタイル。相変わらず素晴らしい。おそらく八一のために勝利にこだわる あい と、おそらく女流棋士への最期の機会になるだろう桂香さん。はじめから泣かす気満々な展開だけど、マジ泣ける。や、桂香さんはもちろんだけど、あい と天衣の想いが、マジ泣けて、号泣だろっ!!

もちろん、対局も、新キャラの雷とのモノを含めて、熱い戦いが目白押しで、素晴らしすぎるわっ!! 特に、雷との対局は、イラストの使い方も秀逸でクるものがあるよな。そして、ほんとに凄いのが、ラストの対局。うわぁ、続く次巻は、これを超える闘いになっていくのか。マジ凄い、凄すぎる。今から次巻が楽しみすぎるだろっ!!

[ 2016.09.14 ]


SBクリエイティブ GA文庫
りゅうおうのおしごと! 5 /白鳥士郎

最高傑作。最強の名人を挑戦者に迎えての竜王防衛戦。挫折、そして周りの人々に支えられての復活と、もう、ベタすぎるほどベタな熱い展開なのだけど、だからこそ、完成度も高く、めちゃくちゃ素晴らしいっっっ!! もう、すべてを出し切った最終巻に相応しい熱い物語に仕上がって、って、続くんかいっ!!

ハワイでの対局からはじまる竜王戦七番勝負。神とも呼ばれる名人との闘いで、八一は追い込まれていく……。と、なんという熱量っ、素晴らしい素晴らしい。精神的に追い詰められていく八一。あいと天衣、桂香さんのマイナビ本戦一回戦。そして、運命の第四局。桂香さんの対局、八一を想う優しさも素晴らしいのだけど、やはり熱いのは第四局。いかにもラストバトルといった風の互いに最善手をつないでいく究極の闘い。すげぇぇぇぇぇっっっ!! 第四局での あい も素晴らしかったのだけど、死闘のあとの余韻を感じさせるラストの構成と演出も、また、素晴らしい。私、[漫画]『修羅の門』が好きなんですが、その『修羅の門』のラストを感じさせる構成で、こういうのマジたまらんな。伝説はまだ終わらない……。

八一に関しては、物語としてはすべて書ききっていて、あとがきを読むとここで完結の予定だったみたいだけど、どう続けるつもりだ? 「あいと天衣」とか、タイトルと主役交代でもしないと、なかなか続けるの難しいように思えるのだけど。今回、姉弟子は割を食った感じなので、銀子にもうちょっと華を持たせてほしいところ。あとは、鵠さんに期待。

[ 2017.02.21 ]

白鳥士郎