沈黙のフライバイ


早川書房 ハヤカワ文庫JA
沈黙のフライバイ /野尻抱介

久々に本当に読みたい小説を読んだ気分。きちんと科学的な根拠に基づいた、現実から地続きの近未来を描いた内容は、ロマンに溢れていてほんと素晴らしいなぁ。最高傑作級。表題作を含む全5篇の短編集でそれぞれ↓。

沈黙のフライバイ

SETIにより有意信号がキャッチされる。それは近傍の赤色矮星からの探査機が太陽系に向かっていることを示すものだった。……現実にある恒星間飛行のアイデアを元に、もし、近傍の惑星系から逆に太陽系に向かって探査機が送られてきたら? という内容。熱狂する地球とは裏腹に物言わず高速で駆け抜けていく探査機という対比、丁寧に描かれた恒星間飛行の説明が、いやぁ、素晴らしい。去った後のオチも非常にGood。ほんとに素晴らしいわぁ~。

轍の先にあるもの

2001年に小惑星エロスへの難着陸に成功した NEARシューメーカー探査機。そのNEARシューメーカー探査機が撮影した最後の写真に残る轍はどのように形成されたのか? ……現実の写真の考察から、シームレスに未来へと続く様は秀逸。主人公が野尻抱介本人“私”なので、ちと苦笑してしまう部分もあるけれど、まあ、ありかな。

片道切符

反対派によるテロに怯えながら火星を目指すロケットが発射される。や、タイトル通りなのだけど、タイトルから受ける悲壮さは全くなく、むしろ宇宙船内でのセックス描写があったり、やんちゃな部分が目立ったり(^^;。

ゆりかごから墓場まで

C2G社の開発したC2Gスーツ。電力の供給さえあれば完全に閉鎖した生態系を持つそれは、やがて宇宙開発にも利用されるようになる。……やはり秀逸なのは、火星での一連の出来事。まあ、アレが書きたいがために、わざわざC2Gスーツという設定を創作したんだろうけど。ラストはほんとに綺麗でいいねぇ。

大風呂敷と蜘蛛の糸

北海道大学の女子大生・紗絵の思い付きは、やがて結実し大気圏外へ。女子大生の奇抜なアイデアを元に各団体の協力を得ながら、大学の一研究室程度の予算で宇宙を目指すという、非常に夢のある内容。ラストも綺麗で Good。

そいえば、解説で、松浦晋也氏がやたら「萌え」を強調してるんだけど、それがまったく「萌え」を理解してないことが丸わかりな内容で、その程度で「萌え」「萌え」書くのは、止めた方がいいと思う。

参考:
感想メモリンク → deltazuluさんリッパーさん仮面の男さんyama-gatさんNOGさん

[ 2007.02.26 ]