天涯の砦


早川書房 ハヤカワSFシリーズ Jコレクション
天涯の砦 /小川一水

そのエピローグは、なにかいろいろ違うだろ~~(笑)。や、宇宙空間における真空の恐怖が非常によく描かれた作品で、ほんとにおもしろかったです。特に、事故直後のシーンは凄すぎるよなぁ~。

そゆわけで、地球軌道に浮かぶ宇宙ステーションで大事故が発生。真空に晒され、多くの人たち死んでいく。たまたま気密が保たれたいくつかの区画に、わずかに残された人たちは、互いに連絡を取り合い、生存への道を探るが……。なんといっても、事故直後に二ノ瀬の目にするシーンが凄まじいよなぁ。とにかく、あのインパクトが凄いこと、凄いこと。その後の展開も、緊張の連続で、とにかく読ませる内容に仕上がっていて、ほんと、おもしろい。……ただ、ヒロインが、全く魅力がないのは、ちょっとどうかと思うのだけど(^^;。

参考:
感想メモリンク → somaruさんdeltazuluさんyama-gatさんFOOLさんがるさんadramineさんINNさん

[ 2006.08.29 ]