塩の街


メディアワークス 電撃文庫
塩の街 wish on my precious /有川 浩

絵で損してるよなー。というか、仮にも大賞なんだから、もっとマシなイラスト付けろよ、編集部。

や、大して巧い絵でもなく、流行りの絵でもなく、なにより、作品にあっているとは思えないんですが。特に、デビュー作の場合、イラストで売り上げや印象が全く違うことぐらい、編集側も理解してるだろうに、ちゃんと仕事しろよ。ほんと、すげー、もったいないと思うんですけどー。

そゆわけで、2004年電撃ゲーム小説大賞「大賞」。隕石で崩壊した東京を舞台に青年と少女の心の交流を描いたモノ。や、心理描写がとにかく秀逸、文章も悪くなく、ストーリーもなかなか良い感じ、……ありがちなんだけど(^^;。設定や崩壊した東京のシミュレーションは、多少甘いんだけど、ただ、細かな部分は上手い具合に書いてないので、甘い設定なんかもさほど気にならない。ほんと、全般に非常に出来が良くて、さすが、大賞ぉ~。……ただ、コレといった強力な特色に弱いので、ちと物足りない部分はあるかしらん。

参考:
感想メモリンク → こばもすさん永山さんヘポイさん草三井さんひささん心音さんスズキトモユさん瑶さん葉月さんadramineさんINNさん睦月さん高森さんDEIRonLineさんfukufukuyarouさんStellaさんけんじょさんJAGARLさん

[ 2004.02.20 ]