好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


KADOKAWA 電撃文庫
アクセル・ワールド21 ―雪の妖精― /川原礫

白のレギオン《オシラトリ・ユニヴァース》との総力戦っ!! 心意技を駆使してハルユキたちを窮地に追い込む《オシラトリ・ユニヴァース》の本気の決意と殲滅を狙う布陣に、やべー、マジやべーと読み進めてたのだけど、……あ、アレ? 序盤の圧倒的な窮地と最大の見せ場を期待させる展開から、えっと、この尻すぼみ感はいったい……。

いやー、最近の『アクセル・ワールド』の悪いくせなのだけど、一気に盛り上げて見せ場を持ってくればいいのに、無駄に寄り道して、決戦を先延ばしするような風潮はどうよ? 結局、これだけの見せ場になりそうな舞台を用意して、ハルユキはなんとなくふらふらしてるだけで、その流れのままに領土戦が終了とか、そりゃないっすよ。プロットもストーリー構成もちょっと酷いよねー。……あとがきによると、次こそ最終決戦らしいけれど、素直に、いまここで最終決戦に突入しちゃえばよかったんじゃね?

[ 2016.12.12 ]