空とタマ


富士見書房 富士見ミステリー文庫
空とタマ ―Autumn Sky,Spring Fly― /鈴木大輔

最高傑作級。『ご愁傷さま二ノ宮くん』の鈴木大輔が、まさか、こんな青春小説を出してくるとはっ!! 恋愛モノではなく、ましてや萌え系でもない、非常に真っ当で質の高い青春ストーリーです。

家出した天野空は、避難先として廃倉庫に向かう。しかし、誰もいないと思っていた廃倉庫には先客がいた。そこで譲れない理由が出来てしまった空は、奴を追い出そうと攻防戦を開始する……。や、正直はじめは、ボーイ・ミーツ・ガールな内容かと思ったのだけど、恋愛要素は期待しないほうが吉。というよりも、文章といい、展開といい、青春モノとして非常に綺麗に組み立てられているので、素直に正面から真っ当な青春ストーリーとして味わうべき作品だと思う。コミカルな攻防戦の中に織り込まれた、この状況に到った二人の気持ちの描き方が、非常に秀逸。さらに、ラストへと運ぶ展開が非常に綺麗に形作られていて素晴らしい。や、もう、あのラストのせつなくほろ苦いことっ!! ほんと、綺麗で出来の良い青春ストーリーでした。

参考:
感想メモリンク → deltazuluさんふなさんparganさん愛咲優詩さん御伽さん永山さんNOGさんmizunotoriさん読丸さん

[ 2006.07.12 ]