BLACK JOKER


富士見書房 富士見ミステリー文庫
BLACK JOKER ―少女たちの方程式― /あくたゆい

新人作家の書くミステリーと言えばこんなもんかなー、とは思うのだけど、すみません、好みにあいませんでした。や、そもそも、富士ミスのくせにラブやキャラクターが弱いのがなー。

第5回富士見ヤングミステリー大賞、奨励賞受賞作。助手役の真純と探偵役のミシェルが謎の暗号とともに起こる連続殺人事件に挑む、という話。えっと、チビで眼鏡でちんちくりんな主人公が目当てで買ったのだけど、キャラクター小説としてはダメ、富士ミスのくせに(^^;。逆に、富士ミスにしては、まともにミステリーをやろうとしてるのが特徴なんだろうけど、私はそういう部分は求めてないし、それにミステリーとしては、良くも悪くも「いかにも新人の書くミステリーだよなー」以上の感想は感じなかったしなー。まあ、私には合いませんでした、ということで。

参考:
感想メモリンク → 浅木原さん水の鳥さんdeltazuluさん月季さんbookadictさんリッパーさん

[ 2006.01.16 ]