チェンジリング


角川春樹事務所 ハルキ文庫
チェンジリング 赤の誓約 /妹尾ゆふ子

眼鏡っ娘ぉ~~。内気で、後ろ向きで、不幸系の女の子。や、痛い、痛い、すごく痛い~~。思わず、[文庫]『カラミティナイト /高瀬彼方』とかを思い出してしまったりもしたのだけど、この『チェンジリング』の主人公の美前は、さらに、後ろ向きで、親友もいないという、や、とことん痛いぞ(^^;。

で、基本的には面白かったのだけど、ただ、話の内容的には、ラストは、私的になんだかなーという感じだし、美前の心情描写も、あまり良く描かれてるとは思えなくて、微妙にいまいちに感じた部分も。同じ妹尾ゆふ子の『真世の王』が素晴らしかったので買ったのだけど、『真世の王』に比べちゃうと、ちとアレか。

[ 2002.11.03 ]


角川春樹事務所 ハルキ文庫
チェンジリング 碧の聖所 /妹尾ゆふ子

『赤の誓約』で、このラストはなんだー、と思ったら、続きがありました(汗;。
というか、出てたのは知ってたのだけど、ずっと、買うの忘れてたり(^^;。

そゆわけで、後ろ向きな眼鏡っ娘が、ただただ状況に流されるだけの話。いや、この作品では、物語でなく、騎士や妖精が出てくる世界を描きたかっただけなんだろうけど、……でも、もちっと、エンターテイメントも考えて欲しい。<ただ流されるだけの主人公って、世界を描くには便利なんだろうけど、主人公の視点で見ると、あまりに見所がないんですけど。<しかも、せっかくの眼鏡っ娘でも、ここまで性格がへたれてると、さすがにつらい

あと、ラストのラストは、取ってつけたように感動的で良いのだけど、どうせ最後で取り繕うんだったら、せめて、あと 20ページ早く、きちんとストーリーを描画して欲しかったなー。というより、むしろ、あまり読者を意識してないのに、自分の書きたいことに徹し切れてないというのが、ちと中途半端に感じたり。

[ 2003.05.09 ]

妹尾ゆふ子