渚のロブスター少女


エンターブレイン ファミ通文庫
渚のロブスター少女 /あきさかあさひ

新人にしては、きちんと読ませる上手い文章。そして、オタク心をくすぐる要素が満載。や、なかなかに、おもしろかったぁ~~~。……って、ただ、後半、完成度がいきなり低くなるのと、全体に華がないのが、ちと残念。デビュー作なんだから、もちっと尖がるなり、作り込むなりすればいいのに。

「第6回えんため大賞 優秀賞」。ブラコンな主人公が、兄の作った「Rユニット」を装着し、正義の味方を目指す話。基本的に少女の成長物語で、それをオタクネタで味付けした内容。もうちょっと、なんだかの魅力が欲しいところだけど、そこそこ安定した文章なので、わりと今後には期待。あと、イラストもわりとあってるので、とりあえず、続刊でないかしらん。

参考:
感想メモリンク → 浅木原さんadramineさんリオンさんCAXさんひささん

[ 2005.01.28 ]