少女には向かない職業


東京創元社 ミステリ・フロンティア
少女には向かない職業 /桜庭一樹

うわぁ、うわぁ、眼鏡図書委員なんだけど、うわぁあ、うわっうわあぁぁぁぁぁ~~。

なるほど、これが桜庭一樹の実力かっ!! もうたまらなく最高傑作っ!! なんといっても素晴らしいのは、読後感の清清しさ。いや、清清しいというのとは、なにか違う気もするのだけど、あの内容で気持ちのいい読後感を与えるのは、芸術的と言っても良かろう。というか、そもそも、なんちゅー内容の話を書きますかっ、この作者な人はっ!! まったく、あの眼鏡っ娘には、いろいろ思うところもあるのだけど、もう、とにかく良く出来た作品で、くらくらしちゃう~~~。

そゆわけで、「あたし、大西葵13歳は、中学2年生の1年間で、人をふたり殺した」というバトルアックスで、多くの人に読んでいただきたい、おすすめだっ、こんちきしょーめ。

参考:
感想メモリンク → 桜庭一樹「少女には向かない職業」感想リンク

[ 2005.09.30 ]