ソラにウサギがのぼるころ


メディアファクトリー MF文庫J
ソラにウサギがのぼるころ /平坂 読

めちゃくちゃおもしろかったっ!! や、『ホーンテッド!』は枠を外し過ぎていたので、ダメなときはとことんダメになることが多かったのだけど、今度の新シリーズは、一応、お約束で売れ筋なエッセンスの上に、平坂読らしさを上乗せしている形になっているので、安定して楽しめる。平坂読らしさが減じてる感は否めないけど、私的には、この新作の方が良いと思うよ。

そゆわけで、主人公の誠司はクラスメートの陽子に強引に迫られつつも普通の日常を送っていた。そんな中、いきなり「吸血鬼」を名乗るユウが空から降ってきて……、というトライアングル・ラブコメディ。変なキャラクターたちのやり取りを適度なテンポでみせる様は、非常に楽しい。設定的にはいろいろ裏はありそうで、そこら辺まできちんと描けるのかしら?と、ちと不安ではあるけれど、今後もとても楽しみです。

参考:
感想メモリンク → 読丸さんコモリケイさんdeltazuluさん水の鳥さん御伽さんkanadaiさん永山さん

[ 2006.03.27 ]


メディアファクトリー MF文庫J
ソラにウサギがのぼるころII /平坂読

おもしろくはあるのだけど、良くも悪くも中身が薄いので、あまり感想として書くことがないな(^^;。今回は、新キャラ投入&《コミュニティ》とのアレコレといった内容。まあ、基本的には、表面的な部分で作者が遊びまくってるような作品なのだけど、平坂読の前作『ホーンテッド!』と比べると、あまり羽目を外してないので、私的にはこちらの方が好みです。逆にいえば、平坂読らしさは、多少減じてる予感もするけれど。

参考:
感想メモリンク → 永山さん御伽さんmizunotoriさん愛咲優詩さん

[ 2006.07.27 ]


メディアファクトリー MF文庫J
ソラにウサギがのぼるころIII /平坂 読

平坂読らしい言葉遊びの面白さだけでなく、青春ストーリーとしてきちんと綺麗に描かれていて、正直、ビックリ。いや、平坂読って、こんなに巧かったでしたっけ(^^;。

《ムーンチャイルド》と呼ばれる吸血鬼たちが通う夕月学園。その夕月学園で、学園祭「赤月祭」が開催される。聖司は、トラウマと向き合うように、スタッフとして奔走する……。と、あいかわらず、平坂読らしいバカでくだらない言葉遊びとネタを組み込んだ内容で、かつ、きちんと綺麗な青春ストーリーと成立させているのが、素晴らしい。いや、下品な演出とハートフルな内容が、またギャップがあって良いのよな。しかし、今回は、赤月祭編の前編という位置付けなのだけど、後半も、コレを持続させるつもりなのかどうか、ちょっと不安だ(^^;。

参考:
感想メモリンク → iris6462さんmizunotoriさんNOGさん永山さん読丸さん

[ 2006.11.24 ]


メディアファクトリー MF文庫J
ソラにウサギがのぼるころIV /平坂 読

わりと綺麗な第一部完といった感じ。続編は売上の問題で微妙らしいのだけど、このイラストじゃ、売上が悪いのも仕方がないかな。まあ、ここで終わるのも綺麗なので、それはそれでいいかもしれず。

「赤月祭」編後編。仲間とともに演劇を作り上げようとするユウ、スタッフとして奔走する聖司、そんなユウと聖司を見守る陽子、芙深のために闘おうとする御厨、互いの想いに気づき始める藤堂とくおん、それぞれの想いを抱きながら「赤月祭」は進行していく……。いや、とにかく綺麗な青春グラフィティ。平坂読らしさは減じてる部分もあるんだけど、むしろいい感じに綺麗な青春モノとして纏まっていて Good。《ムーンチャイルド》の成り立ちの謎についても、ある程度明かしていて、ここで打ち切られてもいいように組み立てられているのは、ちょっと切ないかな。……内容は良いのだけど、なんというか、イラストがなぁ。もちっとマトモな絵師に、イラストを発注すればよかったのに。シリーズがここまで進んで今更だけど、編集者はきちんと仕事をしてるのか?

参考:
感想メモリンク → けんじょさん永山さん読丸さんコウさん

[ 2007.01.04 ]