好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


ホビージャパン HJ NOVELS
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 /CHIROLU

宝島社『このライトノベルがすごい! 2018』を見て、購入。単行本部門10位。「小説家になろう」発だけど、ステレオタイプ的ななろう系の小説という感じではなく、むしろ、1990年代あたりのライトノベル系のファンタジーに近い印象。異世界転生じゃないしな。

内容は、冒険者デイルと彼に保護された魔人族の少女ラティナの心の交流を描いた物語。とにかく、ラティナがかわいいかわいいかわいい。って、あ、これ、独身男が少女を引き取って家族になっていく[漫画]『うさぎドロップ』のファンタジー版みたいなテイストの話だよね。ただ、『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』の場合、デイルが18歳と若く違和感がある。これって、あからさまに娘→恋人にステップアップするための設定だよね(笑)。『うさぎドロップ』が年の差24歳だったことを考えると、ちょっと保守的すぎる。

デイルが凄腕の冒険者で、ラティナが魔王を輩出する魔人族の少女というのも、将来的には勇者と魔王にわかれて血の涙を流すようになると予想できて非常に楽しみ。今はとにかく、ラティナがめちゃくちゃ可愛いことが魅力のすべて(笑)といっていいような作品だけど、先の展開もまた、期待するしかないっ!!

[ 2017.12.05 ]