好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


TOブックス
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘I」 /香月美夜

2017年上期のラノベ人気投票「好きラノ」で、圧倒的1位だったので購入。1冊1,000円を超えるので、まずは1巻だけ、と思っていたのだけど、あまりにおもしろいため、気がつけば、第二部まで揃えてたorz。既刊揃えると軽く1万円を超えるんだよな。しばらく寝不足が続きそうです……。

物語は、本のない世界に転生した読書狂が本を読むために紙やインク作りから始める異世界ファンタジー。作中でも突っ込まれてるけれど、TOKIOかっ。<をい 「小説家になろう」発なのだけど、ステレオタイプな なろう系というよりも、少女小説系の異世界ファンタジーに近い印象。逆境に放り込まれても、前向きな性格で頑張る女の子のストーリー。

技術がなにもない世界で本を中心にいろいろなモノを生み出していくのも面白いのだけど、やはり、主人公マインのキャラが愉快すぎる。病弱で成長が遅く見た目が三歳児。可愛い見た目と小狡い印象さえする中身とのギャップが楽しい。セリフ回し、単語のチョイスが秀逸で、キャラ毎の特徴や魅力を非常にうまく表現しているのんな。このマイン、読者視点ではあきらかに幼児としては異常なのだけど、そういう読者の違和感に対するエクスキューズもうまく用意していて、クオリティは非常に高い。クオリティといえば、中世ヨーロッパを下敷きにしている衛生環境や子供に対する風習、平民の暮らしぶりなどの見せ方も、うまいんだよなぁ。

ただ、紙を作ったりする知識が、読書狂の設定なのに、脳内にある10万3000冊の本の知識とかではなく、飽きっぽい母親に突き合わされたカルチャースクール的な知識なのはどうよ?と思わなくはなかったり。あとは、章タイトルが直截的すぎて、「今度はパピルスに失敗するのか」と読む前に次の展開がわかるのも、まあ、そこは好みの問題か。……ともかく、非常におもしろく先が気になって仕方ない。本どころか紙を作るだけでもまだまだ遠そうなのに、司書が目標って、いったいどういう(^^;。

[ 2017.11.10 ]

香月美夜作品の感想