神統記


主婦と生活社 PASH!ブックス
神統記 /谷舞司

小説家になろう」で楽しく読んでる小説が書籍化っ!! 早速購入して読みなおしたっ!! いやぁ、書籍化に伴い挿絵がつくわけだけど、この萌え系ではない挿絵も作品のイメージに合っていて良いよね。……表紙や巻頭のカラーイラストはいまいちで、もうちょっと頑張れなかったものかと、思わなくはないんだけど。<をい。まあ、コミカライズも同時スタートだっ!!

内容は、食糧も少なく亜人の襲撃に怯える辺土の村に住む少年を描いたダークファンタジー。人の死が近いシリアスなテイストと、似非ヨーロッパ風ではない独特の世界観は、他のなろう系の作品とは一線を隔していて、ほんと素晴らしい。この1巻は、いつも腹を減らしているような一般的な少年だった主人公が、瀕死の状態から神の加護を得、加護を得たことを隠しながらも村の中で頭角を現していく、というもの。一応、異世界転生で俺TUEEEEEなんだけど、やっぱり、他のなろう系作品とは、テイストがかなり違うんだよな。書籍化後も順調にWeb上の更新も続いているけれど、Webも書籍も、きちんと最後まで続いてほしいよなー。

[ 2018.04.06 ]


主婦と生活社 PASH!ブックス
神統記(2) /谷舞司

ん? Web版 とちょっと展開を変えてきたかしらん? 書籍版は、エルサの妹・リリサ推しなのかぁっっっ!!<をい

そゆわけで、「小説家になろう」で連載を楽しみに読んでるシリーズの第二弾。なろうの連載は、ほんとマジ楽しみに読んでますっ!! ……で、今回の書籍版2巻は、巡察使とエルサを巡る話から、悪神との闘いの前編。うーん、Web版からそれなりに加筆されてるわりに、書籍版一冊の構成としてはちょっと微妙な感じが。書籍化に向けた加筆修正の方向としては、正直、ちょっともにょるなー。

ただ、Web版でも、好きなシーンは何度も読み返してるだけあって、やはり、面白さは別格。ナーダや灰猿人との絡みの中で言及されるこの異世界の神々の在り様は、世界観の深さを感じさせるものだし、重厚でシリアスな展開も、とにかく読んでて非常に面白い。凄く楽しみな作品の書籍化なんだけど、いかにも壮大で先の長そうな物語なだけに、下手に打ち切りになったりしないか、不安なんだよなー。

[ 2018.07.31 ]