好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!! - 2018年7月


2018 7 11

ポニーキャニオン ぽにきゃんBOOKS
神さまSHOPでチートの香り /佐々木さざめき

「小説家になろう」発 の異世界転移。同じ作者の『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』が面白かったので読んでみたのだけど、『おきらく女魔導士』が女主人公で癖が強かったのに対して、こちらはそれほど癖は強くなく万人向けな感じ。いや、キャラはなかなか魅力的で、もちろん、こちらも面白いっ!!

内容は、ブラック企業社員だった主人公がガス爆発に巻き込まれ異世界転移、商売の神さま(仮)の使途となり異世界を旅するというモノ。チート能力は現代日本の商品をメニューで購入できる能力。商人的な能力で成り上がるのかと思ったら、商人っぽいあこぎさはないんだよなー。もっと楽に経済的に成り上がれそうなもんなんだけど、単に、知識チートで成り上がるパターンな感じ。そこは、せっかくのチート能力を生かし切れていない感じでもったいない。

まあ、この1巻は、王様の部下に目をつけられて生命を狙われるようになるところまでなので、物語的には、まだまだこれから。いまのところ、チート能力で俺TUEEEEEできるタイプの主人公ではなく、ハーレム展開する感じでもなくて、なりと異世界転移のテンプレからは外れた物語ではあるのだけど、続刊では、もうちょっと無双するところを期待だなー。

[ 神さまSHOPでチートの香り ]


2018 7 16

ラノベ人気投票「好きラノ 2018年上期」への多数のご参加ありがとうございます。今回は、参加者数2,882名、総投票数7,814票と過去最多の参加者数&総投票数となりました。参加者数だけでいえば、宝島社『このライトノベルがすごい!』と肩を並べる投票イベントにまで成長したことになります。

それでは、投票結果を新作/既存シリーズ、Twitter票/Blog票で分けて結果を発表します。集計にはtwitterの提供するapiを使用した独自スクリプトを利用しています。集計漏れ/ミスについてはご容赦ください。また、投票結果の詳細については、「ラノベ人気投票『好きラノ』 - 2018年上期」のページを参照ください。

総合1位は、『はぐるまどらいぶ。』。2位の倍近い得票を集め強すぎですっ!! 『はぐるまどらいぶ。』は、「小説家になろう」発、オーバーラップノベルスから 2月に書籍化された新作。読んだ人からの評価は高く熱心なファンが多いと話題にはなっていましたが、まさかここまで投票を集めるとはっ?! そして、2位、4位には、「好きラノ」では定番になりつつある『本好きの下剋上』がランクインしています。『本好きの下剋上』は宝島社『このライトノベルがすごい! 2018』でもトップとなっており、ラノベの中で今一番人気がある作品の一つであることは間違いありません。

総合

  • 1位(342票) はぐるまどらいぶ。(1) /かばやきだれ
  • 2位(177票) 本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員III」 /香月美夜
  • 3位(166票) 86―エイティシックス―Ep.4 ―アンダー・プレッシャー― /安里アサト
  • 4位(122票) 本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員II」 /香月美夜
  • 5位(110票) 錆喰いビスコ /瘤久保慎司
  • 6位(104票) 異世界迷宮の最深部を目指そう(10) /割内タリサ
  • 7位(102票) 魔女の旅々(6) /白石定規
  • 8位( 96票) クロス・コネクト(2) 電脳神姫・鈴夏の入れ替わり完全ゲーム攻略 /久追遥希
  • 9位( 92票) 薬屋のひとりごと(7) /日向夏
  • 10位( 78票) りゅうおうのおしごと!(7) /白鳥士郎

次に、2018年上半期に出た新作と2018年上半期以前から続いている既存シリーズを、シリーズ単位で再集計したランキングです。

新作

  • 1位(342票) はぐるまどらいぶ。 /かばやきだれ
  • 2位(110票) 錆喰いビスコ /瘤久保慎司
  • 3位( 66票) ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 /しめさば
  • 4位( 61票) 大洗おもてなし会議 四十七位の港町にて /矢御あやせ
  • 5位( 57票) 君死にたもう流星群 /松山剛
  • 6位( 51票) →ぱすてるぴんく。 /悠寐ナギ
  • 7位( 50票) 三角の距離は限りないゼロ /岬鷺宮
  • 8位( 30票) ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? /望公太
  • 8位( 30票) 青春失格男と、ビタースイートキャット。 /長友一馬
  • 10位( 29票) スカートのなかのひみつ。 /宮入裕昂
  • 10位( 29票) Hello,Hello and Hello /葉月文

既刊

  • 1位(191票) 本好きの下剋上 /香月美夜
  • 2位(166票) 86―エイティシックス― /安里アサト
  • 3位(106票) りゅうおうのおしごと /白鳥士郎
  • 4位(104票) 異世界迷宮の最深部を目指そう /割内タリサ
  • 5位(102票) 魔女の旅々 /白石定規
  • 6位( 96票) クロス・コネクト /久追遥希
  • 7位( 92票) 薬屋のひとりごと /日向夏
  • 8位( 76票) とある魔術の禁書目録 /鎌池和馬
  • 9位( 74票) ノーゲーム・ノーライフ /榎宮祐
  • 9位( 74票) 賭博師は祈らない /周藤蓮

最後に、Twitterからの投票とブログからの投票をわけたランキングです。Twitter票は投票の敷居が低いため なろう系が強くメジャー志向、ブログ票は、古参のラノベ読みが多いためマニア向けの傾向になっています。双方に入っているのは、『錆喰いビスコ』のみとなっています。

Twitter票

  • 1位(341票) はぐるまどらいぶ。(1) /かばやきだれ
  • 2位(175票) 本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員III」 /香月美夜
  • 3位(163票) 86―エイティシックス―Ep.4 ―アンダー・プレッシャー― /安里アサト
  • 4位(122票) 本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員II」 /香月美夜
  • 5位(104票) 異世界迷宮の最深部を目指そう(10) /割内タリサ
  • 6位(102票) 錆喰いビスコ /瘤久保慎司
  • 7位(101票) 魔女の旅々(6) /白石定規
  • 8位( 96票) クロス・コネクト(2) 電脳神姫・鈴夏の入れ替わり完全ゲーム攻略 /久追遥希
  • 9位( 89票) 薬屋のひとりごと(7) /日向夏
  • 10位( 76票) 新約 とある魔術の禁書目録(20) /鎌池和馬

ブログ票

  • 1位( 12票) ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 /しめさば
  • 2位( 11票) りゅうおうのおしごと!(7) /白鳥士郎
  • 2位( 11票) 三角の距離は限りないゼロ /岬鷺宮
  • 4位( 8票) 錆喰いビスコ /瘤久保慎司
  • 5位( 7票) 好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる /玩具堂
  • 5位( 7票) ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 /師走トオル
  • 5位( 7票) 天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~ /鳥羽徹
  • 8位( 6票) 青春失格男と、ビタースイートキャット。 /長友一馬
  • 8位( 6票) 叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士(2) /杉原智則
  • 8位( 6票) 常敗将軍、また敗れる /北条新九郎
  • 8位( 6票) スカートのなかのひみつ。 /宮入裕昂

[ ラノベ人気投票『好きラノ2018上』、結果発表っっっ!! ]


2018 7 18

オーバーラップ オーバーラップノベルス
はぐるまどらいぶ。(1) /かばやきだれ

素晴らしい、素晴らしい、素晴らしすぎるぅっっっ!!

ラノベ人気投票 好きラノ(2018上)」で 1位ということで購入しました。「小説家になろう」発 の作品です。なろうの紹介文をみると、なろうの中で、すげー、異質っぽいんですが(笑)。

で、読んでみると、なるほど、これは素晴らしい。魔法が使える異世界で、15歳の誕生日に少女が授かった魔法は、“歯車法”という誰も知らない意味不明な魔法だった……。と、「無能力者が実はチートスキルの持ち主だった」という なろう でありがちな物語かと思いきや、ぜんぜんなろうっぽくない。むしろ、ジュブナイル的な匂いも感じさせるようなテイストの作品なのな。

いや、なろう系だったら、捻くれた展開になるところを、意味不明な魔法でも暖かく迎える両親に、真っすぐに成長した主人公の少女アンティ。そこから、オーソドックスで熱い成長物語として仕立てているのは、ほんと素晴らしい。そして、スタンダードな物語に反して、主人公のアンティがすごぉぉく個性的で味がある。このアンティの一人称形式の筆致は、非常に尖がっていて楽しいのだけど、これは人を選ぶわ。なろうっぽくない点も併せて、これ絶対、万人受けしないだろ~。

万人受けはしなさそうだけど、私的には、少女一人称形式の作品は割と好みで大好物なので、これは好きです、素晴らしいっ!! この第一巻は、構成的にも上手く纏まっていて、文句ない出来だと思う。……ただ、これだけエッジの効いた作品だと、売り上げ的に大丈夫なんだろうか(^^;。

[ はぐるまどらいぶ。 ]