好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


宝島社 このライトノベルがすごい!文庫
魔法少女育成計画 /遠藤浅蜊

魔法少女でバトルロワイアルって、なんという悪趣味っ!! いや、『魔法少女まどか☆マギカ』を経て、来るべくして出てきたような作品なのだけど、ゲスいというか、溢れ出る悪意が素晴らしすぎるっ!!

N市で活躍する魔法少女は16名。ある日、マスコットのファヴから、魔法少女の人数を半減しなければならないと聞かされ……。というわけで、人の役に立つために活躍していた魔法少女たちに、悪意やエゴを剥き出しにさせ、やがて互いに殺し合いをはじめるように仕向けられるという話。『まどマギ』のキュウべえに着想を得た作品だと思うんだけど、キュウべえはそもそも倫理観が人間と異なる、という感じだったのに対し、こちらのファヴは、倫理観が壊れて明確な悪意を持っているというのが特徴。魔法少女たちを殺し合いさせるように導くさまは、ほんとえげつないっ!!

ラストもカタルシスや救いがあるわけでもなく、ほんと酷い。だからこそ、素晴らしい。まあ、もうちょっと純真無垢で正義感あふれる女の子たちが堕ちていく様に焦点を当ててくれていれば、なお良かったんだけど、魔法少女といいつつ、わりとはじめから利己的で、魔法少女のステレオタイプから外れる子が多かったのは、物語を動かす上で、仕方なかったのかしらん。……まあ、それはともかく、騙し出し抜く心理戦を交えた魔法少女たちのバトルと救われない展開が、最後まで手に汗握り夢中に読ませる内容で、ほんと面白い作品でした。

[ 2012.07.05 ]