好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


メディアファクトリー MF文庫J
ノーゲーム・ノーライフ ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです /榎宮祐

めちゃおもしろいぃぃぃっ!! いやもう、主人公の空と白が楽しい楽しい。そして、ステフがあまりに不憫すぎるっ(笑)。や、これはゲーム脳的な発想を上手くネタにした、よく出来たキャラクター小説です。

『このライトノベルがすごい! 2013』の新作部門2位だったので買ってみたのだけど、これはアタリ。いやぁ、はじめは、『神のみぞ知るセカイ』の恋愛ゲームを一般ゲームに置き換えた話かと思ったのだけど、むしろ、『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』のMF文庫J版だよね。どこかで見たいような内容で、そゆ意味ではあまり斬新とはいえないのだけど、でも、キャラの掛け合いとストレートなストーリーがホント楽しいわ。ああそうか、ノリ的には、全盛期のあかほりさとるのエッセンスを感じるよね。おもちゃにされるステフとか、健全なエッチもいいねぇ。

内容は、伝説のゲーマー兄妹・空と白が、ゲーム至上主義なファンタジー世界に召喚され、天才的なゲームの腕で活躍するファンタジー。すべてがゲームで決まる世界で、チート的な能力を持つファンタジーの住人との知恵比べ。バトルがない分、地味っぽくも感じるのだけど、イカレたキャラたちが騒がしくて、ホント愉快で楽しい物語。特に、空と白がどう見てもおかしいだろっ。互いで互いに依存しすぎて他者をおなざりにしすぎる関係も変だけど、なにより、そのゲーム脳的な思考がいろいろとおかしい。そして、そんな二人に巻き込まれたステフの扱いが、あまりに酷い(笑)。王族にもかかわらず、お約束にゲームに負けておもちゃにされる役どころ。互いの兄妹しか認めてないような空と白なので、人間扱いされずマジにおもちゃにされてる感が、ほんとに酷くて凄いな。まあ、ネタのチョイスは中高生向けな感じなので、そこは個人的にちょっと残念なのだけど、続きも非常に期待です。

[ 2012.11.27 ]

榎宮祐作品の感想