終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?


KADOKAWA スニーカー文庫
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #01 /枯野瑛

『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』から数年後の同じ世界を舞台にした新シリーズ。うわっ、前シリーズ同様に、哀しく泣ける展開を狙った物語かっ。クトリの犠牲で平和になったはずなのに、相変わらず、<獣>を倒すために犠牲を強いられる少女たちと、過去に何かあったと思われる若い若い四位武官フェオドールの物語。この一巻は、まだまだ顔見せという感じだけど、もう、泣かす気満々だろ~~。

ただ、前シリーズはどうみてもハッピーエンドは無理っぽい展開だったけど、今回は、わりとハッピーエンドもありそうなのが、ちと違うか。いや、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』のラストを見てると、いまさら悲劇に落とし込んじゃいかんよなー。ぜひとも犠牲なしにハッピーエンドに至ってほしいなー。

[ 2016.04.05 ]


KADOKAWA 角川スニーカー文庫
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #02 /枯野瑛

もともと打ち切りラインぎりぎりだったのがアニメ化かっ!! 『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』、熱いなっ!!

というわけで、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』と同じ世界を舞台にした、この『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?』。今回は、新キャラとして幼女が登場して、この幼女との絡みがほのぼのと優しく暖かくて、このまま大きな事件もなく今回は終わるのかしらん? と思って読み進めていたら、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。思えば、確かにそういうフラグが随所に散りばめられていた風ではあったけれど、発動するのは、まだ先かと思ってたよ。相変わらず、油断ならない。とことん、哀しくせつない物語だよなぁ。

とにかく、リンゴとマシュマロがかわいくてかわいくて仕方なかったのだけど、ああ、やっぱり、そいつの正体は、そうくるか。ラストに収録されているエピローグ的な「死者の夢」がまたせつない(T-T)。次巻、フェオドールがいかにも荒んでそうで怖いのだけど、ティアット含めてどうなるか、楽しみですっ!!

[ 2016.07.04 ]


KADOKAWA 角川スニーカー文庫
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #03 /枯野瑛

ラストでまた、えげつない設定をぶっこんできたな。とことん泣かす方向に突き進むスタイル、嫌いじゃない。

生命を犠牲にして死んでいく妖精兵を描いたシリーズ第三巻。リンゴが消え、ラキシュが倒れ、打ちひしがれたフェオドールは、以前から進めていた計画をいよいよ進めようと……。と、前回出てきた許嫁ちゃんがもっと物語に絡んでくるのかと思ったら、そうでもなくてガッカリ。出てこないうちに、フェオドールをめぐるラブバトルが、なかなか凄いことになってるんですけど(^^;。ハーレム化が激しいな、手遅れになるぞー。そして、オークはいい亜人。

正直、物語がどこに向かうのかさっぱり見えなさすぎて、展開を楽しむにはいまひとつなのだけど、しかし、ラストでぶち込んできた設定をはじめ、読者を泣かせる気満々な意気込みが感じられて素晴らしい。しかしほんと、先がさっぱりわからんなー。

[ 2016.12.19 ]


KADOKAWA 角川スニーカー文庫
終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #04 /枯野瑛

うわっ、マジほんとに、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』と、ストーリー的に合流してきたかっ。ヴィレムの再登場も、待ったなしだな。<をい

軍から追われるようになったフェオドールは、ある情報を得て妖精兵の秘密を知る単眼鬼の元に……。と、妖精兵の調整を担う単眼鬼を中心に、フェオドールをはじめ、様々なキャラたちが邂逅してくるような展開。このまま、みんなで協力しながらハッピーエンドへ向かってもいいような気がしたのだけど、さすがに、そんな単純な話にはならないか。……毎回、泣ける設定を追加してくるような内容が多かったけれど、今回は、わりとハッピーエンドを期待させる展開もあって良かったなぁん。いや、ストーリーを合流させるのなら、ヴィレムを含めてきちんとハッピーエンドにしてほしいなぁ。

[ 2017.04.24 ]