好きラノ2013上、集計結果

8月17日まで開催していた「好きなライトノベルを投票しよう!! 2012年下期」。結果の詳細は、作品別の投票結果一覧 で公開済みですが、総合/新規/既存について、簡単にまとめて見ます。投票は34サイトから、307票。『アルデラミン』が飛び抜けていますが、2位以下がすごく横並びの票数です(^^;。

総合

1位(11票) ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIII /宇野朴人
最近のライトノベルで主流になりつつある異世界ファンタジー戦記を代表する一冊。『このライトノベルがすごい! 2013』の協力者票で2位入るなど、前々から根強い人気のあったけれど、この好きラノでも、とうとう1位に。まだ、私は読んでないのだけど、これ読まないと、最近のライトノベルは語れないよなぁ(汗;。

2位( 7票) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか /大森藤ノ
1巻と3巻で票が割れているので単巻ではこの位置ですが、シリーズ合算では、『アルデラミン』よりも票を集めています。最近やたらとラノベ界への進出が激しい 小説家になろう 出身の異世界ファンタジー。他の Web小説出自の作品と比べても、特に人気があったとのことらしいので、この人気も当然なのかしら。

2位( 7票) ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件3 /野村美月
“文学少女”シリーズの野村美月は、相変わらずの人気。同じ野村美月の作品では、『ヒカルが地球にいたころ……』もあったけれど、『ヒカル~』のほうは失速気味でこちらの方が票を集める形に。

2位( 7票) 氷の国のアマリリス /松山剛
泣けるロボ娘モノに定評のある松山剛の読み切り作品。毎度シリーズ化せず一冊で終わってしまうので、ラノベではなかなか知名度浸透しにくいと思うのだけど、堅実に人気を集めてますね。

2位( 7票) やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(7) /渡航
ライトノベルツイッター杯 でも圧倒的な投票を集めていた『俺ガイル』が堅実にランクイン。いや、好きラノでは、アニメ化すると投票数が減る傾向があるのだけど、にもかかわらず、根強い人気を維持しているのが凄い。

2位( 7票) 覇剣の皇姫アルティーナIII /むらさきゆきや
“覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー”との煽りで、昨年末からスタートした異世界ファンタジー。私はノーチェックだったのだけど、『アルデラミン』同様、戦記ものか。今のライトノベルの流行は、やっぱりこの系統だよなぁ。

2位( 7票) 東京レイヴンズ9 to The DarkSky /あざの耕平
アニメは2013年10月からか。もともと人気作家のあざの耕平、さらにアニメ化直前ということだけあって、きっちり票を獲得しています。

続いて、新規/既存での再集計結果。シリーズ毎に再集計、ただし同一サイトの複数巻への投票は1票とみなしています。

新規

  • 1位(12票) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか /大森藤ノ
  • 2位( 7票) 氷の国のアマリリス /松山剛
  • 3位( 5票) ミス・ファーブルの蟲ノ荒園 /物草純平
  • 4位( 4票) 甘城ブリリアントパーク /賀東招二
  • 5位( 4票) 魔術師スカンクシリーズ /江波光則

新規では、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』が圧倒的。上半期は、電撃文庫はじめ、新人賞受賞作が多く発行されるのだけど、今年は、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』以外、いまひとつパッとしない印象ですね。

既存

  • 1位(11票) ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン /宇野朴人
  • 2位( 7票) ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 /野村美月
  • 2位( 7票) やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 /渡航
  • 2位( 7票) 覇剣の皇姫アルティーナ /むらさきゆきや
  • 2位( 7票) 東京レイヴンズ /あざの耕平
  • 6位( 6票) ノーゲーム・ノーライフ /榎宮祐

『アルデラミン』強し。全体的な傾向として、『アルデラミン』はじめ、異世界ファンタジーが強くなっている印象。一昔前は、『俺ガイル』的な学園ラブコメというか部活モノが、もっと多かったと思うのですけど(^^;。

[ 2013.08.18 ]

  このエントリーをはてなブックマークに追加