好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


アスキー・メディアワークス 電撃文庫
僕と彼女のゲーム戦争 /師走トオル

おもしろい。おもしろいんだけど、知らないゲームばかりな件。『スペランカー』は聞いたことあるけど、他はまったく欠片もわからん。うーん、同じく実在ゲームをネタにしてる『ベン・トー』なんかだと、ある程度わかるので親近感もたまらないのだけど、ここまでわからないとアウェー感がハンパねぇ。

いや、カバーイラストはファミコンのコントローラを持ってるし、幼なじみとの回想シーンからしたらサターンやドリキャスがメインでも良さそうなのに、なんでそういうゲームのセレクションじゃないんだ? 最近のゲームで、しかも、ギャルゲーですらなかったら、そんなん知ってるわけないじゃん!!

それはともかく内容は、ゲームがより広く受け入れられている仮想世界で、高校の部活動でゲーム大会で青春をかける、高校生たちの物語。実在するゲームなんかを出してくるのが特徴だけど、それなら、なんでわざわざ仮想世界を強調するかなぁん。“子供手当て”は笑ったけど、設定的には、正直、現実世界を舞台にすることでも問題ない予感が(^^;。……で、この一巻は、ゲーム嫌いの主人公・岸嶺健吾が、はじめてゲームに触れて、大会に初参加するまでを描いた、まあ、プロローグなのな。ネタとなっているゲームがわからないのは残念だったけれど、愉快なキャラたちを揃えつつ、ゲームというキャッチーなネタを扱ってる割に、わりと王道で熱い青春部活モノに仕立ててあって、なかなか面白い。続きは、まだまだメンバ集めなんだろうけど、そのうち高校対抗のゲーム対決主体になっていくのかしらん? これは続きが楽しみすぎるっ!!

[ 2012.09.26 ]