好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


アスキー・メディアワークス 電撃文庫
魔法科高校の劣等生(3) 九校戦編<上> /佐島勤

魔法科高校生最大の戦い「九校戦」。高校生たちによる熾烈な魔法勝負。しかも、その裏でテロの気配が……。や、読む前は「今更、高校生同士の戦いでどうするんだ?」と思ってたのだけど、きちんと裏の展開を配置して、「兄貴からみれば、所詮、九校戦は子どものお遊び」という風にみせる構成。や、すっげー盛り上がりそうだけど、ああぁ、やっぱり本番は下巻かー。いやもう、続きがすげー楽しみすぎるっ!!

それにつけても、深雪はやはりブラコンすぎておかしすぎる(爆笑)。そして、兄貴の天才ぶりはとどまることを知らないな。すでに、設定は破綻しまくっていると思うのだけど、いまだに帯で“劣等生の兄”と謳っている事実は驚愕を禁じえない。達也って、どう見ても、真の跡取り、世界最強の後継ってのがバレバレと思うんだけど(^^;。いや、俺TUEEEEなラノベも多いけど、ここまで実力差が激しい作品も珍しいよな。この段になってライバルっぽく話に絡んできそうな一条の次期当主とか、あまりに不憫すぎて、どうするんだこれ?

しかし、ここまで破綻しまくってる設定なのに、設定語り過多な作風は、どうにも違和感が強くてにんとも。いや、気にしたら負けなんだろうけど、ここまで頭が悪く整合性の取れてない設定は、ちょっとなー。

[ 2011.11.12 ]

佐島勤作品の感想