始まりの魔法使い


KADOKAWA 富士見ファンタジア文庫
始まりの魔法使い1 名前の時代 /石之宮カント

最高傑作級。ラストはめちゃくちゃ好みで感動する展開っっっ!! もう、ひたすら涙を流しながら読んだのですが、読み終えたあとにプロローグを読み直すと、これがまた泣ける(T-T)。もちろん、好みの物語というだけでなく、きちんとクオリティも高くて、これはおススメ。おススメすぐるっっっ!!

これも「好きラノ」で人気だったので購入。「カクヨム」発の異世界転生モノ。異世界転生モノの中での本作の特徴は、転生先が中世風ファンタジー世界ではなく原始時代という辺りでしょうか。まだ、文明らしい文明もない世界に転生した主人公が、魔法に出会い、それを一から解析し、やがて文明の礎を作っていく物語。その魔法の理を解析する道筋も面白いのだけど、やっぱりたまらないのは、主人公とアイの物語だよな。とにかく泣ける(T-T)。

一冊で綺麗にまとまっているのだけど、“1”とナンバリングされているのが気になる。「カクヨム」連載の目次だけみると、数百年後の世界を描いているのかしらん? まあ、2巻は9月発売らしいので、今から楽しみです。

[ 2017.08.01 ]


KADOKAWA 富士見ファンタジア文庫
始まりの魔法使い2 言葉の時代 /石之宮カント

うわぁ、やっぱり寿命の異なる異種族間の恋愛は泣けるな。素晴らしい。

原始時代に永遠の命を持つ竜として生まれ変わった主人公が、短命の人間たちとともに魔法文明を築いていくシリーズの第二弾。1巻が綺麗にまとまっていたので、この2巻はどうするんだ?と思っていたのだけど、今回は農耕の開始がテーマか。前世の知識で「農耕」の概念は知っていても、それだけでは全く上手くいかないところがいいね。や、専門知識があるわけでなくて、しかも、生物相が違うので、そりゃ苦労するわな。

1巻では文明構築のシミュレーションだけでなく、アイとの恋愛が物語の軸となって進むのが素晴らしかったのだけど、うーん、アイを失ったあとの物語がいまいちなのは、正直なところ。今回は新ヒロインとしてユウキが登場し、終盤は感動的で泣ける物語に仕立ててあるのだけど、やっぱり前半はアイの喪失を感じさせるような描写も弱く、物足りないところがあるなぁ。二巻のラストも、ユウキの物語としてすごく綺麗にまとめられていて物凄く感動的でめちゃ泣けるのだけど、ええっと、なおさら続きはどうするんだろ?

[ 2017.09.24 ]


KADOKAWA 富士見ファンタジア文庫
始まりの魔法使い3 文字の時代 /石之宮カント

相変わらず、種族の違いによる寿命の差を最大限に演出する物語。泣ける(T-T)。

そゆわけで、永遠の命を持つ竜に転生した主人公が、人類の発展を見守るシリーズ。この三巻は、637年~872年まで。文明的には、貨幣経済や交通網の発達。魔動機の発明など。登場人物は500年代を描いた前巻から大きく変わらず、今回のメインヒロインは、人魚のリン。泣かす気満々の卑怯すぎる設定で、もう泣くしかないな(T-T)。そして、真のヒロインのアイさんも、うわあぁぁぁ、せつない。マジ泣けるなぁ~~。

[ 2018.02.26 ]


KADOKAWA 富士見ファンタジア文庫
始まりの魔法使い4 魔術の時代 /石之宮カント

いよいよスタートから1000年か。このスケールのデカさはほんと凄いっ!!

この四巻はは竜歴900~1000年までで、主人公とニーナの間に子どもができるの巻。その子ども・クリュセの成長と精霊魔法の発展を描くのが中心で、種族の寿命の差を使った泣かせる展開は、今回はなしか。そもそも長寿の人が増えてきて、主人公回りの人間関係があまり変わらなくなってきてるんですけど(^^;。1巻冒頭で出てきた登場人物もだいたい揃ってきていて、あとはアゼルとカナタか。

人類の文明もそろそろ主人公が不要になるぐらいに発展してきていて、そろそろ後半に入っているのかしらん? ある程度西暦を意識してるなら、2000年ぐらいまで、宇宙に行くまではやりそうだけど。

[ 2018.09.24 ]