好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!! - 2018年2月


2018 2 12

二週間ほど入院していました。風邪のつもりで近所の内科を受診したら、救急車で緊急搬送→即入院。物心ついてからでは初めての入院だったので入院のあれこれについてメモしておきます。……他の病院とどのくらい共通性があるかわからんけど。

基本的な生活について

  • 緊急だったので手ぶらで入院したが、入院中必要な基本セットは400円/日でレンタル可能
  • ただし、レンタル品の中には下着と剃刀、室内履きがない。特に下着がないのはヤバいだろ
  • 一応、院内の売店で買えるけど、入院=ベッドからあまり移動できない、なんだよね
  • 起床6時、消灯21時。ただし、検査スケジュールにより朝の4時採血とか普通にある
  • 食事は7時、12時、18時の三回。1,600カロリー/回でおかずが少ない
  • 先生の回診は朝夕二回。看護師の検査が朝昼晩の三回。もちろん必要に応じて都度追加
  • 回診はドラマのように放送後にずらずら先生が来るのでビビる
  • といっても、偉い先生がくるわけではなく、若手+研修医ばかりで半分OJTなのんね
  • そもそも若い先生しか見かけない件
  • 病室は、電動ベッド、TV、冷蔵庫、収納付き。ただし、TVは別料金
  • 電動ベッドは予想以上に超便利。あれがないと寝たきり生活は無理だと思う
  • 面会時間は決められているが、わりと自由が利く
  • なにかと家族いること前提で話が進むので独身にはつらい
  • ただ、サイン等は本人のものだけで基本的に問題なく、なぜ家族呼べと言われるのかわけわからん

個室と大部屋の違い

入院が決まると「個室と大部屋のどっちにする?」と聞かれます。看護師さんに違いを聞いたら「個室のほうがプライバシーが保たれるので若者に大人気」とのことだったけれど、プライバシーは関係なく、どちらかというと特に夜の快適度に違いが大きい。

いや、大部屋といってもパーティションで区切られているので、実質、個室なんですよね。ただ、パーテションはカーテンなので、音と光が漏れる。病院なので数時間おきに治療or介護が必要な人は多く、特に夜は気になります。……もっとも、治療中は痛かったり身動きできなかったり、それ以前の問題が多いのですが。

そのほか、個室と大部屋の違いで大きいのは、「携帯電話の使用の可否」。大部屋では携帯電話での通話は禁止されてる&ベッドから簡単に動けるわけではないので、わりと不便です。

集中治療室

1日ほど集中治療室にも入れられましたが、これがかなりシンドイ。

  • 基本、大部屋スタイル
  • 自立行動不可。なにをするのも、看護師さん頼り
  • TVもなければ、スマホの使用も不可

いや、身動きできず何もすることがなく、周りからナースコールと看護師さんを呼ぶ呻き声ばかり聞こえる環境というのは、なかなか凄いです。

入院費

二週間で約40万円。手術費込み。一応、上限決まってるらしいのであとでそれなりに戻ってくるはず。……市販の医療保険にも入ってるのだけど、この程度の出費で済むなら、医療保険に入る必要ってあるのかしらん?

[ はじめての入院 ]


2018 2 13

勉誠出版
ライトノベル史入門 『ドラゴンマガジン』創刊物語 ―狼煙を上げた先駆者たち /山中智省

30周年を迎えた「ドラゴンマガジン」及び富士見ファンタジア文庫の創刊時の話を、当時の関係者のインタビューを交えて振り返るものなのだけど、そんなに特筆するようなドラマはなかったという話でした。<をい。これ読むと、ライトノベル史として振り返るべきは、「獅子王」とソノラマ文庫の創刊物語じゃね?

結局、「ドラゴンマガジン」の影響は非常に大きかったものの、新規性は特になくて、角川のファンタジーフェアやゲームブックブームをはじめとする当時の流行にうまく乗ったという話。語られることの多いコバルト文庫やティーンズハートの創刊時の信念のもと市場を切り開いていった話に比べるとドラマ性に欠ける。一応の特徴としては、比較的ビジュアルを重視していたという辺りだけど、本作中で述べられている通り、それも、アニメージュ文庫や「獅子王」に先行されていているんだよね。それらを踏まえてインタビューを読むと「あまり深く考えずに始めたら、たまたま上手く行った」という風にしか思えない(笑)。

まあ、「ドラゴンマガジン」の先行事例や周辺状況を踏まえつつ、当時の関係者のインタビューをまとめて創刊当時の背景を読む説いている点では、本書は非常によくできているけれど。

気になった部分をいくつかピックアップしておくと、

  • スニーカー文庫は編集責任者が少女小説をやりたくて企画したのに、少年向けだけ生き残ってしまった
  • もともと富士見ファンタジア文庫の元になる企画があり、その新人賞募集のために「ドラゴンマガジン」が生まれた
  • 富士見ファンタジア文庫の元になる企画が通ったのは、角川のファンタジーフェアなどの結果
  • 「獅子王」など他の雑誌を参考に、アニメ雑誌「アニメック」の方法論を取り入れた(安田猛は「アニメック」の元副編集長)
  • 「獅子王」や「ザ・スニーカー」に比べて、文芸の流れを汲んでいないのが特徴
  • 営業的に「小説雑誌とは呼ばない」という要請もあった
  • 対象読者は、当時「メディアミックス世代」と呼ばれていた中学生・高校生
  • 各インタビューでは、「獅子王」「NewType」「いちご文庫戦争」というキーワードが非常によく散見され、これらの影響が強かったことが伺われる

[ 『ドラゴンマガジン』創刊物語 ]


2018 2 15

KADOKAWA 電撃文庫
タタの魔法使い /うーぱー

ラストが素晴らしかったっ!! 突きつけられた選択肢の嫌らしさと、そこから一矢報いる展開っっっ!! いやー、新人らしく稚拙さは目立つものの面白さがなにより優先される電撃文庫らしい作品でしたっっっ!!

そゆわけで、ラノベブロガーのうーぱーさん が作家デビュー。第24回電撃小説大賞<大賞>。ラノベブロガーでライターや編集者になる人はちらちら見かけるのですが、ラノベ作家になる人はわりと珍しく、それこそ『涼宮ハルヒ』の谷川流の再来となることを期待したくなる。……twitter等で流れてくる感想を見る限り、微妙に酷評が目立つような気がしますが(^^;。

で、本作の内容は、高校一つ丸ごと異世界転移するというもの。異世界転移というと「小説家になろう」っぽいものを想像してしまうけれど、むしろ、楳図かずお『漂流教室』的なノリだよね。いや、さすがに違うか(^^;。異世界チートで俺TUEEEEEEするわけではなく、200人近くの死者・行方不明者を出しながらも見知らぬ異世界をサバイブし元の世界への帰還を目指す展開。それを、ドキュメンタリーという体裁にしていたり、卒業文集もそうなんだけど、アイデアが非常にいいのよ。

ただ、そのドキュメンタリーの体裁が少し厄介で、……せっかくのアイデアなのに、作者の圧倒的な力量不足でわりと悲惨なことになってる。いや、このドキュメンタリー、生存者の姉が関係者にインタビューして纏めたという体裁なのだけど、そのンタビューを集める技量などをみると明らかにプロの仕事なハズが、その実際の文章はどう読んでも素人。それどころか、第三者視点のドキュメンタリーなハズなのに、普通の小説になっちゃってる部分も多々散見されて、いやー、特殊なことをやろうとしたせいで、それが作者の力量不足を強調する結果になってるのよね。すごく痛いわ。でも、普通に書いてたら単に下手なだけの小説になるような気もしていて、読んで面白いのは確かなのだけど、なかなかシンドイな。

[ タタの魔法使い ]


2018 2 16

マイクロマガジン社 GCノベルズ
村人ですが何か?(1) /白石新

小説家になろう」発の異世界転生モノ。「小説家になろう」ではよく見かける、最弱な村人属性の主人公が最強な勇者属性の幼なじみを努力で越えていくパターン。

と、よくあるパターンではあるのだけど、この作品の特筆すべきは、二周目の人生という設定のため、RTAのように赤ちゃんの頃から最適効率&最速で強くなっていくところ。元のスキルは大したことないのに、一周目の知識があるとはいえ、徹底した努力だけで最強に成り上がっていくところが、ほんとに愉快。非常に気持ちの良い俺TUEEEEEEE。

ただ、ちと気になるのは、アレだけ個性的なお母さんが序盤にしか出てこないのは、いったいどういう。あとは、モーゼズへの復讐はまだー? いや、復讐イベントはお約束はハズなのに、すでに歯牙にかけないぐらい、圧倒的に強くなりすぎてる気が……。

[ 村人ですが何か? ]


2018 2 17

オーバーラップ オーバーラップノベルス
無能と呼ばれた俺、4つの力を得る(1) /松村道彦

小説家になろう」発の異世界ファンター。無能と思われていた主人公が隠されていた力に目覚める良くあるパターンなのだけど、その無能の設定がおもしろい。や、単に無能が周りを見返す話ではなく、この世界では“無能”が異常に差別されていて、その過度な差別は魔法による洗脳のようなもので、どうやら世界を巻き込む陰謀と巨大な敵がいるらしい、と、これはもう、めちゃくちゃ期待するしかないなっ!!

ちなみに、主人公・ロードの能力は、『Fate』のギル様と似たような数々の伝説の武器を収めた宝物庫と、さらに、それらの武器を便利に使う能力ということで、そりゃ強すぎるだろっ!! って話。……ただ、宝物庫が手帳型なので、アニメ化してもビジュアル的には地味だよね。<をい

この1巻は、力に目覚めて少し旅をするところまでなので、まだまだこれから。しかし、「小説家になろう」掲載分をそのまま載せただけなんだろうけど、ラストの〆と次巻への繋ぎが微妙で、編集のスキルが心配になるな。書籍化するときには、せめて、プロローグとエピローグ的なものは欲しいよなぁ。

[ 無能と呼ばれた俺、4つの力を得る ]


2018 2 18

小学館 ガガガ文庫
やがて恋するヴィヴィ・レイン 5 /犬村小六

もっと切なく悲劇的な場面になるのかと思ったら、むしろ希望が感じられるような展開だなー。や、次回はミズキのターンですねっ!!!

革命を成功させ国の代表となったルカは、ファニアを取り戻すために独裁者となりジェミニ率いる神聖リヴァノヴァ帝国との戦いに挑む……。と、負けフラグを次々と立てながら決戦に挑むルカ、一方、アステルのカウンタも残りわずかと、いやー、フルスピードで崖に突っ込んでいくような展開で、「どんな悲劇的で泣けるシーンを見せてくれるんだ?」と思って読み進めていたのだけど、アレ?アレレ? なんか期待していた泣けるシーンはなくて、なんだか、物語の大きな転換点として描かれてるわけですがっ!! うーん、もっと絶望的で悲劇的な展開が良かったんだけどなー。

[ やがて恋するヴィヴィ・レイン ]