好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


宝島社 このライトノベルがすごい!文庫
暴走少女と妄想少年 /木野裕喜

第1回『このライトノベルがすごい!』大賞<優秀賞>。高校入学初日、女の子との出会いを妄想しながら学校に向かう沖田善一は、その道中、いきなり見知らぬ美少女の跳び蹴りをくらい病院送りに……。という感じで、ムチャな性格の美少女に振り回される少年というオーソドックスなボーイ・ミーツ・ガール。新人さんにしては読みやすい文章だし、オーソドックスなだけに、真っ当に面白かったっ!!

いやぁ、なんと言っても魅力的なのはヒロインの明華武瑠。萌えたり可愛かったりするタイプのヒロインではないのだけど、いろいろとムチャすぎる(笑)。まさに、暴走少女と呼ばれるに値する暴走ぶり。そこがまさに面白いっ!! しかし、私の世代で必殺技というとギャラクティカマグナム抜きに語れないのだけど、やっぱり世代が違いますか、そうですか。……しかしながら、暴走少女の武瑠と対をなす、妄想少年にあたる善一の方はといえば、序盤はともかく、そんなに妄想妄想しているわけではなく、そこは残念。いや、武瑠の行動は人並みはずれてヒドイ(笑)のだけど、善一は比較的普通なので、結局、普通のボーイ・ミーツ・ガールの域を超えてない。オーソドックスなラブコメとして、きちんとふつーに面白いだけに、やっぱりそのレベルで終わってしまっているのは残念無念。もう少し、この作品ならではの要素があれば、もっともっと面白くなると思うんだけどなぁん。

[ 2010.09.06 ]