好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


富士見書房 ドラゴンブック
ノエルと蒼穹の未来 アリアンロッド・リプレイ・ルージュ(4) /菊池たけし

感動の最終巻っ!! いやぁ、基本的には参加者同士の会話で楽しませつつ、ストーリー的にも感動を織り交ぜつつ盛り上げ、ほんと、めちゃくちゃ面白かったですっ!!

いよいよ母娘の対面。力丸乃りこがプレイするノエルの旅の結末は? というわけで、ちまちま読んでたTRPGリプレイですが、とうとう最終巻。基本的には、力丸乃りこや、菊池たけしら参加者の会話を楽しむのが筋だと思うんだけど、シナリオもお約束な演出と展開がまた、あざとく感動的。や、みっしょん07のラストとか、すげぇよっ!! ラストも大いに盛り上がって、ほんと面白かったです。

ただ、残念だったのは、どうせならラストに、力丸乃りこ嬢の最後までプレイしてどう思ったかをページを割いてのせて欲しかったなー。私的には、やっぱり、ノエルの物語ではなく、力丸乃りこのプレイ記録だと思うので、最後は力丸乃りこに〆て欲しかったこころ。

それにしても、最後までTRPGリプレイを読んだのは、はじめてだったのだけど、なんど、「TRPGしなくても、参加者にトークさせとけば、それで十分面白いんじゃね?」と思ったことか(^^;。や、作品の方向性としては、RPG的なファンタジーというより、『生徒会シリーズ』(→感想) や『ラノベ部』(→感想) のようなトーク中心の作品に近いように感じました。また、シナリオ的には、めちゃくちゃベタで王道だと思ったのだけど、これ、メタ視点があってこそだよなぁ。いまだと、ここまでベタな展開をそのままふつーの作品に落としたら、たぶんキビシイと思う。

[ 2009.03.01 ]