第4回MF文庫Jライトノベル新人賞作品の感想まとめ

第4回MF文庫Jライトノベル新人賞の 7作品。ネット上の感想もだいたい出揃ってきたので、私の巡回範囲で纏めてみました。

概ね評判が良いのは、『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』と『二人で始める世界征服』。不評も目にするものの絶賛してる人も多い、激しく人を選ぶのが『この広い世界にふたりぼっち』。そして、残りの作品はやや微妙……、といった感じかしらん。ちなみに、私が読んでるのは、『二人で始める世界征服』(→感想)と『ナインの契約書』(→感想)の二作品だけだったりして(^^;。

ついでに、受賞時の審査員の先生方による講評は こちら。改めて読むと面白いかも。

優秀賞

  • ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート /森田季節 →感想リンク
    • 音楽と伝奇という一見すると食い合わせの悪いように思える要素が見事にまとめ上げられていて、なるほど優秀賞というのも納得 (上下の青い無限)
    • なんとも恐ろしく切なくて寂しい・・・でもなぜか暖かくなってしまうような不思議さがある (彩彩華美)
    • 切ないとかほろ苦いみたいな言葉で表現できそうで、でもその言葉の持つイメージと少しだけずれているような、何かが足りないような、そんな不思議な読感 (FULL MOON PRAYER)
    • アンバランスさや矛盾など普段は粗に見えるようなところがいいものに感じる何とも不思議な作品だった (いつも月夜に本と酒)
    • 嫌いじゃないけどなんとなくもにょる.感想書きにくいと皆が言う(私も思った)のもむべなるかな (十七段雑記)

審査員特別賞

  • ミサキの一発逆転! /石川ユウヤ →感想リンク
    • つまらなくは無いんだけど...何と言うか、詰め込み過ぎ? (まあいいか。)
    • ストーリーラインはそんな悪くはないとは思うんですが、文章がとにかくダメダメで読んでいて不快 (ぶNOG)
    • もうちょっと、読みやすい文章にしてくれれば、ありがたいのになあ (MOMENTS)
    • 犬犬うるさくて読みにくいなあ、というのが第一印象 (随想)
  • 二人で始める世界征服 /おかざき登 →感想リンク
    • なかなか良いほのぼのラブコメ。ラブコメ好きなら安心して楽しめる作品 (いつも月夜に本と酒)
    • 紳士ドラゴンや天然ヒロイン、ツンデレ幼馴染の言動に癒されつつ終始楽しく読める良作 (上下の青い無限)
    • このほんわかとした世界征服物語をもった読みたいと思わせてくれる作品でした (M&L日記)
    • ほのぼのした雰囲気の中でもしっかりと山や谷といった起伏のある流れが出来ていたのでまったく飽きることなく読めました (彩彩華美)

佳作

[ 2008.12.03 ]

  このエントリーをはてなブックマークに追加