好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


小学館 ガガガ文庫
とある飛空士への誓約1 /犬村小六

「たとえ敵味方に別れようと、我々は憎みあうことはない。友情は永遠だ」

うわぁ、泣かす気満々すぎるぅぅぅぅぅっっっ!! この第一巻は、敵対するウラノス軍により孤立した秋津連邦とセントヴォルト帝国の両国を代表する士官候補生7名が、一機の飛空艇の中で、時にぶつかりつつも友情を育み、セントヴォルト帝国を目指して敵陣を突破するという筋立てなのだけど、7名のうち、実は、ウラノス軍に組する二人が裏切る未来が提示されていて、さらに、今は同盟中の秋津連邦とセントヴォルト帝国も、やがて、敵味方に別れて戦うことになる未来が暗示されているという、とにかく、切なさ大爆発なフラグの数々っ!! まずは後で泣かせるための仕込みをどんどん入れてく展開なんだろうけど、フラグが効果を発揮する先の未来を想像すると、ぐわぁ、せつなすぎるじゃないか……(T-T)。

『飛空士』シリーズとしては、『追憶』『恋歌』『夜想曲』に続くシリーズ4作、9巻目。今回は、『恋歌』で出てきた「空の一族」側の物語ということでいいのかしらん。今のところ、大瀑布や飛空士と言った世界設定だけ前作と共有してるだけど、やぱり行く行くは、『飛空士』シリーズとして、一つに纏まっていくのかしらん?

[ 2013.01.08 ]