プロペラオペラ


小学館 ガガガ文庫
プロペラオペラ /犬村小六

犬村小六が送る新シリーズ。『とある飛空士シリーズ』を彷彿とさせる空戦モノですよ!! 第一王女イザヤと国賊として皇籍を剥奪されたクロトが、大国ガメリア合衆国に立ち向かうファンタジー戦記。国のために生命を賭けて、絶望的な戦いに身を投じる展開。この一巻から、熱く感動的な展開で、素晴らしい、素晴らしい!!

物語の下敷きになっているのは太平洋戦争で、開戦初期のアメリカと日本を固有名詞を変えつつなぞったような設定なのだけど、ところどころ、現実の固有名詞そのままなのは、どういう演出だ!? ミッドウェイ海戦よろしく、日之雄艦隊の危機的状況からの決死の艦隊戦が熱い!! いや、熱いだけではなく、コメディ多めのラブコメ展開もいいんだよなぁ。自信家で大言壮語なツンデレ気質の主人公って、駆逐艦「井吹」の他の乗組員を含め、とにかくコミカルな雰囲気なのだけど、それが、悲惨な戦争に突き進む物語にいい感じでアクセントになっていて、いい味出してる。おもしろい。

しかし、敵役のカイルは、金を持ってるだけの小物にしか見えなくて、クロノの敵としては、ちょっと物足りないよなぁ。そもそも、軍事で勝っても経済で勝たないと意味がないように思えるのだけど、そこら辺、どうしていくつもりなんだろ?

[ 2019.09.30 ]


小学館 ガガガ文庫
プロペラオペラ2 /犬村小六

決戦! ソロモン海戦、鉄底海峡!!!! それはともかく、イザヤとクロトの自分の気持ちに気づいてない系の恋に未熟な二人の恋愛がくらくらするっ!! 最高っっっ!!

いやー、太平洋戦争を下敷きにした『プロペラオペラ』ですが、今回は、あの激戦に名高いソロモン海戦ですよ、ソロモン海戦っっっ!! 大日本帝国連合艦隊の陣容は、戦艦「大和」「武蔵」「長門」「陸奥」「伊勢」「日向」「扶桑」「山城」に、空母「瑞鶴」「翔鶴」、重巡「青葉」「加古」「衣笠」「古鷹」、軽巡「阿武隈」、他駆逐艦十六隻。うわっ、この陣容で負けるわけないじゃん。勝ったなガハハっ。対するアメリカ合衆国太平洋艦隊は、戦艦十、空母三、巡洋艦&駆逐艦多数、って、おいっ、アメリカ、前巻で大敗を喫して新造艦投入もまだなのに、この世界でも物量で殴りに来るかっ!! や、この艦隊戦だけでも胸熱なんだけど、さらに、軽巡空艦「飛廉」に載るイザヤが戦うのは、長門級飛行戦艦「ヴェノメナ」、圧倒的に不利な艦格っ!! もう、はじめから計算して組み立てられた軽巡vs長門級戦艦の展開なんだけど、だからこそ、やっぱり熱いっ!! 素晴らしいっ!!

そして、次巻、最新鋭飛行戦艦、竣工。今までは、上官のせいで不利な状況にもかかわらず、駆逐艦や軽巡でジャイアントキリングする展開だったのだけど、ここで戦艦を投入してくるってことは、つまり、次巻からはクロト無双の展開か!? 史実の通り、いまだ、戦艦「大和」、空母「瑞鶴」「翔鶴」も健在だし、もう次巻がめちゃくちゃ楽しみっ!! いつまでも上官に足を引っ張られるようなくだらないハンデ戦ではなく、さっさとクロトには統帥権を握ってもらってガチのアメリカとガチで殴り合う展開が読みたいですっ!!

[ 2020.04.06 ]