好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


TOブックス
魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣 /秋田禎信

うわぁ、凄いところで引いたと思ったら、次で最終巻かー。もっと続くのかと思ってた(^^;。

そゆわけで、リベレーターの要塞船は破壊したものの、復活したアイルマンカー結界。結界に囚われてしまったマヨールたちの運命は!? という感じで、うわぁ、イザベラが……。や、オーフェンのガチバトルで魅せた前巻と違い、駆け引き的な部分が多い今巻だけど、昔バカやってた登場人物たちが、各組織の要職について政治をやってるってのが、いまだに違和感あるな(笑)。オーフェンが魔王をやってるのはともかく、マジクがオーフェンに次ぐ最強の魔術士になっていたり、コギーが原大陸派遣警察隊の長官をしてたり、ほんと冗談としか思えないような布陣だよなぁ。そして、オーフェン亡き後の組織の心配とか、そこまで話にでてくるかー。

ただ、ストーリーのほうは、旧オーフェンとやってることは一緒で縮小再生産的な印象が否めないのががが。いきなりオーフェンと違うことやられても、それはそれで不満に思うんだろうケド、うーん、なんか物足りないよねー。

[ 2013.06.09 ]