好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


アスキー・メディアワークス 電撃文庫
魔法科高校の劣等生(4) 九校戦編<下> /佐島勤

いやぁ、すげーおもしろいっ!! 謎の組織の妨害工作が疑われる中、やはり、競技に参加することになる達也。そして、第一高校の優勝はどうなる!? と、達也、期待に違わぬ無敵ぶり。すげー。やっぱ、この爽快さが魅力だよなぁん。しかし、本人も実力は世界最強クラスであることは自覚してたのんね。それにしては、微妙に卑屈な態度が気になるなぁ。四葉への気遣いも場面場面でえらく変わるのが気になる。いや、すんごく場当たり的なのな。

どうにも、あまりに粗や齟齬が大きい点は気になって仕方ないのだけど、ネット上の感想を読んでると、電撃文庫になってからの読者はそうでもないのに、Web連載時からの読者は絶賛しまくってるようなので、連載漫画でたまにあるように「雑誌連載で読むとすげー面白いけど、単行本でまとめて読むといまひとつ」というタイプの作品なんじゃないかという気もしたりして。私が場当たり的と感じてる部分も、Web連載だったら気にならなかったのかしらん。

[ 2012.01.03 ]

佐島勤作品の感想