好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!!


小学館 ガガガ文庫
とある飛空士への恋歌3 /犬村小六

号泣。先の悲劇を暗示させつつ、死亡フラグが積み重ねられていく幸福すぎる日常と、そして、いよいよ始まる過酷な戦争。とにかく戦闘シーンが圧巻で、そして、いかにも泣かせる展開が、ただただ素晴らしい。

「聖泉」を目前として、青春を謳歌するカルエルたち。そして、いよいよ始まる「空族」との戦争は、そんなカルエルたちに学徒出陣を強いる……。と、「こいつら楽しく青春してるけど、もうすぐ死ぬんだぜ……」と言わんばかりの前半が、読んでてむちゃくちゃ心が痛い。そして、その予想すら上回る、過酷で圧巻すぎる後半。ミツオぉぉぉぉっっ!! アリーぃぃぃぃっっっ!! ……えぐえぐ(T-T)。いかにも泣かせる展開は、まさに、最高傑作っ!!

それにしても、ラストの手紙はちとビックリ。アレはアレで綺麗に纏まってるのに、混ぜるな危険ということにならないんだろうか……。

[ 2010.01.09 ]